書籍紹介

  • 母性看護学 第1巻 お気に入り登録
  • 看護技術学習支援ビデオシリーズ


    母性看護学 第1巻


    新しい家族誕生への支援(1)―分娩第一期の看護技術―


    VHS 0ページ(判型/ページ数)   1999年12月発行 978-4-8180-0743-7


    • 定価: 7,560 円(税込)

    • 絶版

     分娩第一期は、痛みや苦痛、不安に押しつぶされそうになりながらも、一方では期待を持ち、新しい家族の誕生を待つ時です。この時期の看護の目標は、分娩の進行状態が順調で安楽に主体的に過ごせるように援助することです。ここでは、産婦との関係を築く技術、分娩進行状態やニーズをアセスメントする技術、痛みの緩和・安楽な体位・必要なエネルギーの摂取等の直接的援助技術が重要となります。
     産婦との関係を築く技術では、今まで何気なく行われていた援助の根拠、特に、産婦と看護職者との出会いの意味、バーバルコミュニケーションによって産婦を支持する技術、タッチングやマッサージによるノンバーバルコミュニケーションの活用法に焦点をあてています。アセスメントは、科学的根拠を持って行うことを意図して、状況を数値で示し、また、直接的援助技術については、その実際と根拠を分かりやすく示すように努めました。
     分娩の主役は、産婦とその家族です。分娩が終了した時、産婦自身が満足できる援助を提供できる看護職者でありたいものです。

目次

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー