書籍紹介

  • 母性看護学 第5巻 お気に入り登録
  • 看護技術学習支援ビデオシリーズ


    母性看護学 第5巻


    新生児のアセスメントとケア(2)―出生後一週間―


    VHS 0ページ(判型/ページ数)   1999年12月発行 978-4-8180-0747-5


    • 定価: 7,560 円(税込)

    • 絶版

     この巻は、新生児の生後一週間の生理的変化の経過にあわせた観察技術、どのようにアセスメントして日常のケアが行われているかについて紹介したものです。
     出生後24時間が経過して呼吸や循環が安定してきた新生児は、胎外生活に適応するためにその後も日々変化していきます。一週間内に変化する体重、黄疸、臍帯の変化、神経反射など生理機能が、生理的範囲から逸脱していないかどうかをアセスメントし適切なケアを行ないます。また短い入院中の期間内で母子の愛着形成を促すことや、母親や家族が退院後の育児に不安なく取り組むことができるように、計画的な関わりに努めることが看護職者の重要な役割であると理解できると思います。
     母子同室のすすめ方や沐浴指導の実技支援の場面などから、出産後の母親の希望や意志を尊重した支援、また、家族中心に実施される新生児ケアのポイントなども併せて理解できると思います。

目次

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー