セミナーのご案内

募集前

地域包括ケア時代のよりよい在宅療養支援に向けて  ―病院・施設・地域の看看連携の強化

受講対象者:看護職者全般、地域で在宅療養移行に関わる専門職
開催日時:2018年1月20日(土)~1月21日(日)
開催地:鹿児島県鹿児島市
開催会場:鹿児島県看護研修会館(地図
受講料: 19,000 円(税別)
定員:180名


=第1日(土曜日)=
12:00~ 開場・受付
13:00~17:00 講義
17:00 終  了

=第2日(日曜日)=
09:00~ 開場・受付
09:30~11:30 講義
11:30~12:30 昼食休憩
12:30~14:30 講義
14:30 終  了

※スケジュールは変更になることがございます。
受付前

講義主旨

2025年に向けて地域包括医療支援が整備される中、病気を持っていても安心して在宅での生活が送れるように、病院と施設・在宅の連携強化がさらに必要となってきています。近年、病院でも退院支援、退院調整への取り組みは積極的に進められています。
しかし、病院に勤務する看護師は地域でのケアの実際や、社会資源の活用方法などへの理解不足がある。一方、地域で働いている看護師は病院での医療や看護の実際を知る機会が少ない、というのがまだ現状でしょうか。
本講座では、今後に向けてお互いが共に連絡を密にし、協働していくことの大切さを理解し、実践していくために期待されていること・その方向性を学ぶ場とします。

講師

沼田美幸氏(公益社団法人日本看護協会 医療政策部 部長)
角田直枝氏(茨城県立中央病院 看護局長)
セミナー
書籍紹介
雑誌紹介