0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

ナーシング・トゥデイ

20008年1月号(Vol.23,No.1)

  • A4変 88ページ (判型/ページ数)
  • 2008年01月発行
本体価格(税抜): ¥1,100
定価(税込): ¥1,210
カートに追加しました。
カートへ進む

特集1:

これならできる!

糖尿病患者へのケア

専門病棟でなくても、ここまでは

病床管理の強化、業務の多忙、専門家の不在などから、患者は増えているにもかかわらず糖尿病患者に十分なケアが提供できていないケースが増えています。本特集では、混合病棟を始め、外科系・小児・内科の各病棟、さらに外来から院内全体に至るまで、主疾患としてあるいは合併症として糖尿病を持つ患者への、ケア充実のヒントをご紹介します。

特集2:

看護師のうつ

現場でできるチェックと対策

医師不足、看護師不足が叫ばれる中、
今、病院では患者だけでなく、
職員のうつ病対策も必要とされています。
本特集では、職員のうつ病をどのように事前に察知するか、
そして、看護職の職位別の対策を呈示します。


◆特集1
これならできる!
糖尿病患者へのケア
専門病棟でなくても、ここまでは


増える糖尿病患者をどのように支援するか/ 青木美智子

座談会 おざなりにしない! 糖尿病を持つ患者へのケア
現場の問題点とケア向上への取り組みのポイント
/ 牧野協子・青木美智子・金子貴美江・大澤祥子・池田洋子

ケース別糖尿病を持つ患者へのケア充実への取り組み
日本赤十字社医療施設東部ブロック看護部長会
糖尿病看護学習会の取り組み/青木美智子

CASE1 原町赤十字病院の場合/高木あけみ・永井多枝子・白岩 真由美

CASE2 足利赤十字病院の場合/菊地祐子・大澤祥子・竹澤恵子

CASE3 芳賀赤十字病院の場合/ 今野康子・池田洋子

CASE4 成田赤十字病院の場合/ 青木美智子・鵜川総子

CASE5 小川赤十字病院の場合/ 金子貴美江・五十嵐由里・小暮恵

はじめの一歩!
糖尿病を持つ患者へのケア充実のための5つのポイント/ 青木美智子


◆特集2
 看護師のうつ
 現場でできるチェックと対策/ 釜 英介 監修


◆Nursing Today's FEATURE

・「ハート・プラス・マークって何?」 /柳屋有里


◆連載
・グラフ:窓
 「社会福祉法人 浅草寺病院」
・グラフ:同期ナース─3人それぞれの道
 「2002年、千葉大学医学部附属病院」
・認定看護分野のトゥデイズ・ケア
「皮膚・排泄ケア/緩和ケア」/溝上祐子・松本俊子
・病棟からはじめる退院支援
「退院支援担当者として各病棟に看護係長を配置して」/ 力石泉
・続・ケアにつなげる創傷ケア用品の上手な使い方
 「創傷の事例1がん性創傷」/ 中川ひろみ
・これだけは避けたい!看護技術 [最終回]
「安全確保(ダブルチェック)」/織田幸恵


・注目の医療最前線「検診とワクチンで予防できる子宮頸がん」/知覧俊郎
・専門外来「巻き爪・陥入爪外来」 /高田馬場病院
・最新研究レビューの要点
「精神病性疾患への早期介入について」/石川博康
・アメリカ医療・看護最新事情 /スザンヌ・ゴードン
・一歩すすめば。/ 施設で働くケアマネジャーの折橋明美さん
・エッセイ・町医者のライフ/松村真司
・Book Review/石川れい子
・ニュースダイジェスト
・読者からの手紙
・控え室でつぶやいて
・ナースるりかさん/いしはらりえこ

カテゴリ一覧

ページトップへ