0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

平成18年版 看護白書

  • 日本看護協会 編
  • B5 248ページ (判型/ページ数)
  • 2006年11月発行
  • 978-4-8180-1234-9
本体価格(税抜): ¥2,553
定価(税込): ¥2,808
カートに追加しました。
カートへ進む

平成18年版「看護白書」のテーマは「変わる医療 変える看護―医療制度改革をリードする看護の力」としました。2006(平成18)年6月、国会で「医療制度改革関連法案」が可決成立し、日本の医療が大きく変わろうとしている今、看護職はその制度改革にどのようにコミットしていくべきか、看護の新たな役割が期待されています。今回の「看護白書」では、患者の“安心・安全の医療の確保とその予防”を中心に、看護が主体的に「変える」という視点から、看護が改革をリードしていくために取り組むべき課題について論じます。


総論 変わる医療 変える看護―医療福祉制度改革をリードする看護の力
保健医療福祉制度改革に看護はどう関わるか

各論 看護の新たな役割
第1部 生活の場での看護
(1)保健・予防
1 生活習慣病予防に求められる保健師の実践的役割
2 地域包括支援センターを拠点に展開する保健師の役割―介護予防を中心に
(2)訪問看護で在宅療養を支える
1 療養通所介護―医療ニーズと介護ニーズを併せもつ在宅療養者と介護者のニーズに応える
2 地域の緩和ケアネットワークにおいてチームケアの要となる看護の役割
(3)地域社会の支え合いと看護
1 看護職による地域ボランティアの可能性―例えば、地域でケアを仲立ちとする関係づくりと暮らしづくりへ(4)福祉施設の看護
1 福祉職との協働による看護のパートナーシップで看取りも安心
第2部 おだやかな出産と育児
(1)安全で満足のいくお産
1 産科標榜病院・診療所における助産師の自立的活動の推進
2 高度専門医療を提供する周産期医療ネットワークと助産師の果たすべき役割
(2)育児支援
1 小児救急トリアージ―看護師の迅速で的確な判断が患児の安全を確保する
第3部 安全で質の高い医療
(1)患者の意思の尊重
1 質の高い医療環境へ誘(いざな)い新たな看護活動を展開する医療コーディネーター
(2)安全な医療と看護
1 医療安全と看護サービスの質の保証
2 “病院は看護師の家の実現”と7:1看護体制の取り組み
(3)質の高い看護提供
1 患者中心の医療を進める「がん看護専門看護師」の活動と今後の展望
2 看護の専門性―専門看護師・認定看護師の活用と看護サービスの質向上
3 看護職の副院長が病院を変える―患者中心のケアを実現する経営・運営・管理

資料篇
1.看護職の年次データ<就業状況><養成状況><労働条件>
2.看護関連政策の動向<2005年4月~2006年3月>
3.日本看護協会の主な刊行物および見解・声明
・看護業務基準・指針
・調査研究報告・政策研究報告<平成15年度~17年度>
・見解・声明<2005年4月~2006年3月>
4.日本看護協会 執行機関および事務局組織
5.保健師助産師看護師法(抄)<改正:平成18年 法律84号>
6.医療制度改革大綱<平成17年12月 政府・与党医療改革協議会>

カテゴリ一覧

ページトップへ