0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

【オンライン研修】「看護 形態機能学」の理解と活用

講師:菱沼典子(三重県立看護大学)、大久保暢子(聖路加国際大学)

本体価格(税抜): ¥30,000
定価(税込): ¥33,000
カートに追加しました。
カートへ進む

◆配信期間:第1部 ⇒2021年8月2日(月)正午 ~ 2022年5月31日(火)      
      第2部 ⇒2022年1月20日(木)正午 ~ 2022年5月31日(火)

◆申込締切:2022年5月10日(火)
◉FAX申し込みの場合は、ご入金から視聴案内までに1週間程度のお時間をいただきます。

◆開催形態:オンデマンド配信
      ◉ 配信期間内は何度でも繰り返し視聴できます。

◆受 講 費:定価33,000円(本体30,000円+税10%)/1施設
      ◉ 同一施設内で何名でもご視聴いただけます。
      ◉個人でのお申込みも可能です。


日常生活をつくり上げている、食べること、排泄すること、眠ること……は、すべてからだのはたらきの上に成り立っています。看護の主眼は日々繰り返されるこの日常生活行動を支えることです。
「看護 形態機能学」は、解剖学・生理学で学ぶからだのつくりとはたらきを日常生活行動の枠組みで整理し、看護実践へつなげやすいように構築したものです。

今回の講義では、「看護 形態機能学」の考え方を解説し、授業に導入する上での考え方をさまざまな例を用いて紹介します。また、ご聴講の皆様からの質問に講師が直接お答えするコーナーをご用意いたします。

〇第1部(2021年8月2日公開)「看護 形態機能学」の考え方[約138分]
 講師 菱沼典子先生
   ・看護 形態機能学のねらいー解剖生理学とは何が違うのか?
   ・生活行動からみるからだ
   ・形態機能学を学生に提示する例
   ※2019年8月に開催されたブックイベントの講義を再編集したものです

〇第2部(2022年1月20日公開)新カリキュラムに活用するからだの知識[約83分]
 講師 大久保暢子先生
   ・科目としての形態機能学とは
   ・聖路加独自の教授方法
   ・オンライン授業でいかに学生の主体性・参加意欲を引き出すか

〇ご聴講いただいた皆様からの質問と講師による回答を視聴用サイトにて公開いたします。
   第1部 菱沼典子先生への質問の募集は終了いたしました。
   第2部 大久保暢子先生への質問を受付けています。
       *受付期間:2022年1月20日(木)~ 2月28日(月)

※視聴用サイトより講義の資料がダウンロードできます。

カテゴリ一覧

ページトップへ