0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

平成17年版 看護白書

  • 日本看護協会 編
  • B5 288ページ (判型/ページ数)
  • 2005年05月発行
  • 978-4-8180-1145-8
本体価格(税抜): ¥2,356
定価(税込): ¥2,592
カートに追加しました。
カートへ進む

看護界を展望する年次報告書。平成17年版はジェネラリストとしての一般の看護者に求められる技術・能力を明らかにするとともに、看護の質を維持・向上させるために必要な教育や研修のあり方について考えます。また、看護の質の担保としての看護師免許更新制度についても言及します。


第1部 看護者に求められる能力とは
1 看護者に求められる能力の基準
1. 看護基礎教育および新卒1年目において修得すべき看護能力(田村やよひ)
基準1:看護基礎教育における技術教育のあり方に関する検討会報告書(厚生労働省 平成15年3月17日)
基準2:「新人看護職員の臨床実践能力の向上に関する検討会」報告書(厚生労働省 平成16年3月10日)

2.看護系大学における看護実践能力育成の基準(石井邦子)
基準3:大学における看護実践能力の育成の充実に向けて(文部科学省 平成14年3月26日)
基準4:看護実践能力育成の充実に向けた大学卒業時の到達目標(看護学教育の在り方に関する検討会報告)(文部科学省 平成16年3月26日)

3.ジェネラリストとして保健師に求められる能力とは(野村陽子)
基準5:新任時期における地域保健従事者の現任教育に関する検討会報告(抜粋)(厚生労働省 平成16年3月)

4.「医療機関における助産ケアの質評価」活用のすすめ(遠藤俊子・佐山静江)
基準6:医療機関における助産ケアの質評価-自己点検のための評価基準-(日本看護協会助産師職能委員会 2003年3月31日)

5.ICNの「ジェネラリスト・ナースの国際能力基準フレームワーク」(下平唯子)
基準7:ICNジェネラリスト・ナースの国際能力基準フレームワーク(An Implementation Model for the ICN Framework of Competencies for the Generalist Nurse/ICN 2003年)

6.ICMの「基本的助産業務に必須な能力」とは(下平唯子)
基準8:ICM基本的助産業務に必須な能力(Essential Competencies for Basic Midwifery Practice/ICM 2002年)

2 看護師のクリニカル・ラダー
1.「ジェネラリストの標準クリニカル・ラダー」について(山崎美惠子)
2.看護者に求められる能力に注目した新しい教育枠組み(洪 愛子)
3.新卒看護師の卒後臨床研修の制度化について(齋藤訓子・伊勢田暁子)

3 看護者の免許更新制度
1.看護者の免許更新制度-諸外国の実情と日本における導入の検討-(岡谷恵子・齋藤訓子・石川陽子)

第2部 資料篇
1.看護職の年次データ〈就業状況〉〈養成状況〉〈労働条件〉(鈴木理恵)
2.看護政策関連の動向<2004年4月~2005年3月>(小川 忍)
3.日本看護協会の看護業務基準・指針一覧(後藤裕子)

カテゴリ一覧

ページトップへ