0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

日本看護技術学会誌 第1巻 第1号

  • 日本看護技術学会 編集
  • A4 74ページ (判型/ページ数)
  • 2002年09月発行
  • 978-4-8180-0936-3
本体価格(税抜): ¥1,964
定価(税込): ¥2,160
カートに追加しました。
カートへ進む

 2001年11月に発会した日本看護技術学会(川島みどり会長)が発行する学会誌の第1号。2002年10月に第1回学術集会が開催された折に発行されました。臨床家と研究者が協働して看護技術の発展をめざし様々な研究を掲載していきます。第1号には、5本の原著論文、2つの研究報告が掲載されています。また、川島みどり会長の日本看護技術学会創立記念講演「看護技術の変遷と新たな挑戦」も掲載されています。


講演 看護技術の変遷と新たな挑戦(川島みどり)
原 著
ショートステイ利用高齢者の在宅時と入所時における睡眠覚醒リズム(角濱春美)
体動制御を伴う仰臥位保持中の自律神経活動に及ぼす時間予告の影響(櫻井利江)
婦人科外科患者における術前・術後1週間の気分、痛み、自律神経活動の変化(縄 秀志)
婦人科外科患者における背部温罨法ケアの気分、痛み、自律神経活動への影響(縄 秀志)
褥創発生と加圧部皮膚温度変化に関するウサギを用いた実験的研究(武田利明)
研究報告
日常業務の中で行われている看護技術の実態-第1報日常生活援助について(菱沼典子・大久保暢子・川島みどり)
日常業務の中で行われている看護技術の実態-第2報医療技術と重なる援助技術について(菱沼典子・大久保暢子・川島みどり)
日本看護技術学会会則
ほか


カテゴリ一覧

ページトップへ