0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

コミュニティケア双書5

在宅ターミナルケアのすすめ

  • 川越博美 著
  • B5 160ページ (判型/ページ数)
  • 2002年05月発行
  • 978-4-8180-0919-6
関連カテゴリ
本体価格(税抜): ¥2,400
定価(税込): ¥2,640
カートに追加しました。
カートへ進む

本書は、在宅ターミナルケアに看護職として長年関わってきたベテランの著者が、ケアに携わるスタッフのみならず、ケアを行う家族にもわかりやすいように、その理論や実践的技術についてまとめた在宅ターミナルケアの基本の解説書です。よりよいターミナルケアをめざす関係者にとって必読の書といえます。


1章 在宅ターミナルケアとは
在宅ターミナルケアの意味(在宅ターミナルケアは訪問看護の真髄、在宅ターミナルケアの意味を知っていますか?)
2章 在宅ターミナルケア実践テクニック
訪問看護婦に必要な能力(在宅ターミナルケアに求められる能力、訪問看護に必要なコミュニケーションスキル)/家族を支えるために(家族を支える、家族を支える その2、グリーフケア)/ターミナルの各症状への対処(症状コントロール-呼吸困難、悪心・嘔吐、痛み、精神症状、麻薬・向精神薬の管理、口腔ケア)
3章 チームケアと死の教育、そして評価
チームケアの大切さ(チームケア-医師との協働を考える、在宅での看取りを成功させる)
4章 在宅ターミナルケア~現場からの報告


カテゴリ一覧

ページトップへ