0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

ナーシング・トゥデイ コレクション No.17

看護事故教訓集

先輩の知恵・患者さんの教え・法律家のアドバイス

  • 井部俊子・川島みどり・宮子あずさ・加藤良夫監修
  • 四六 208ページ (判型/ページ数)
  • 2001年05月発行
  • 978-4-8180-0846-5
本体価格(税抜): ¥1,800
定価(税込): ¥1,980
カートに追加しました。
カートへ進む

先輩・患者さん・法律家、それぞれの経験から、看護事故防止に役立つ教訓を導きだし、身近なところから始める「リスクマネジメント」を目指します。〔目次より〕人は時に文字を“見て”いても“読んで”いないことがある/トイレは人間の最も大事なプライド/間(魔)の申し送りに気を付けろ!/事故報告書は管理者の宝物 ほか


◆先輩の知恵
 ・人は時に文字を“見て”いても“読んで”いないことがある
 ・トイレは人間の最も大事なプライド
 ・間(魔)の申し送りに気を付けろ!
 ・抜かれる前に抜け!
 ・事故報告書は管理者の宝物  ほか

◆患者さんの教え
 ・機械ではなく患者をみてください
 ・常に自分の親兄弟に接する気持ちで、患者に接してください
 ・患者は弱いものです。入院するとよけいに弱い立場に立たされます。
 ・我が子が死んだ時、おへそを出していなかったか、
  そんなことまで 知りたいのが親なのです。 ほか

◆法律家のアドバイス
 ・看護過誤によって負うべきは、法的責任のみにあらず
 ・謝罪は素直に、すみやかに
 ・第一審で数年はかかる訴訟  ほか

カテゴリ一覧

ページトップへ