0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

続・看護のなかの出会い

生と死に仕えるための一助として

  • 菊地多嘉子著
  • A5 116ページ (判型/ページ数)
  • 1995年01月発行
  • 978-4-8180-0454-2
本体価格(税抜): ¥1,144
定価(税込): ¥1,258
在庫: 品切
カートに追加しました。
カートへ進む

「生は唯一の死への備え」であり、看護婦の使命は「生と死に仕えることにある」(ナイチンゲール)。看護のなかでの生と死、親子、夫婦、心を分かちあった者同士のかかわりのなかで生と死を考える。

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

まだレビューはありません。

レビューを投稿