0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

日本クリティカルケア看護学会誌 第3巻 第2号

  • 日本クリティカルケア看護学会編集委員会 編
  • A4 134ページ (判型/ページ数)
  • 2008年01月発行
  • 978-4-8180-1322-3
本体価格(税抜): ¥2,553
定価(税込): ¥2,808
在庫: 品切
カートに追加しました。
カートへ進む

「日本クリティカルケア看護学会誌」は、日本クリティカルケア看護学会(代表:井上智子)が発行する学術研究誌です。本会は、あらゆる治療・療養の場、あらゆる病期・病態にある人々に生じた、急激な生命の危機状態に対して、専門性の高い看護ケアを提供することで、生命と生活の質の向上を目指すこと、クリティカルケア看護学の発展に寄与することを目的としています。
第3巻第2号は、第3回日本クリティカルケア看護学会学術集会報告として、会長講演、基調講演、シンポジウムのまとめを集録。また、投稿論文は原著3本、研究報告4本、総説1本を掲載しています。


第3回日本クリティカルケア看護学会学術集会報告
[会長講演]クリティカルケア看護に活かす危機理論(山勢博彰)
[基調講演]家族看護の基本的考え方(渡辺裕子)
[シンポジウム1]危機的患者家族のアセスメントと看護
[シンポジウム2]クリティカルケア看護師はミニドクターを目指すのか?

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

まだレビューはありません。

レビューを投稿