0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

平成19年版 看護白書

  • 日本看護協会 編
  • B5 304ページ (判型/ページ数)
  • 2007年11月発行
  • 978-4-8180-1307-0
本体価格(税抜): ¥2,945
定価(税込): ¥3,240
在庫: 品切
カートに追加しました。
カートへ進む

平成19年版「看護白書」のテーマは「専門職として 生活者として 働く―看護職の確保定着とワーク・ライフ・バランスの実現」としました。
日本看護協会では、2006(平成18)年診療報酬改定における7対1入院基本料の新設や、在宅医療の推進といったわが国の医療制度改革の方向性を見据え、看護職の人材確保対策を緊急課題と位置づけ、新プロジェクト「看護職確保定着推進事業」に乗り出しました。
同事業においては、
1 専門職として働きがいのある条件の整備
2 生活者としての適切なワーク・ライフ・バランスの実現
をビジョンとして“働き続けられる職場づくり”に重点をおきながら、質の高い看護を提供するための看護職の確保定着を支援しています。
本書では、こうした日本看護協会「看護職確保定着推進事業」を踏まえ、三職能それぞれの確保定着をめぐる現状と今後を展望。特に「トピックス」では、具体的な取り組みの実際を中心に紹介し、「専門職」として、「生活者」として、働く看護職のあるべき姿を浮き彫りにします。


●総論
わが国における看護職確保定着の現状と日本看護協会の取り組み

●各論
第1部 看護職の確保定着に向けて
1 職場環境の保障――看護職員確保定着のための手厚い人員配置
2 ワーク・ライフ・バランスの実現――看護職人材確保戦略としての取り組みの方向性を探る
3 新人看護職員の離職防止対策
4 潜在看護職員の職場復帰対策
5 ベテラン看護職員のセカンドキャリア開発
6 訪問看護における人材確保・定着
7 厚生労働省における看護職員の確保対策

トピックス
1 職場環境の保障に関する取り組み
2 病院の質と中堅ナースのキャリア発達――個人と組織の成長を目指したコンテキストラーニングの支援
3 ワーク・ライフ・バランスの実現――大阪厚生年金病院における取り組み
4 新卒看護職員の離職防止対策――特に新卒看護職員の卒後臨床研修に込めた思い
5 潜在看護職の職場復帰対策――静岡県看護協会が取り組む病院派遣型再就業研修
6 ベテラン看護職員のセカンドキャリア支援

第2部 保健師の確保定着に向けて
1 保健師の確保に関する現状と課題
2 地域保健活動の再構築に向けた保健師の育成と人材確保

トピックス
1 自治体の現場における保健師確保定着の動き
2 国保部門における保健師確保・定着策の動向
3 健康保険組合の現状と保健師の需要拡大に向けた対応課題
4 保健指導のアウトソーシング受託事業者における保健師確保の取り組み

第3部 助産師の確保定着に向けて
1 助産師の確保定着
2 助産師の活用事例――診療所における助産師の活用および確保定着のグッド・プラクティス

トピックス
1 助産外来の立ち上げ――継続的に質の高いケアを提供するために

●補論
看護職確保対策と日本看護協会の広報活動

●資料篇


カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

まだレビューはありません。

レビューを投稿