0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

看護の知識(サイエンス)と技(アート)を革新する

古い看護から新しい看護へ

  • 日野原重明 著
  • B5 180ページ (判型/ページ数)
  • 2007年06月発行
  • 978-4-8180-1276-9
本体価格(税抜): ¥2,200
定価(税込): ¥2,420
在庫: 絶版
カートに追加しました。
カートへ進む

バイタルサインの測定法、安静の解釈、栄養摂取や輸液についての知識など、既存の基礎看護学のテキストには、今なお古い解釈や不正確な記載があります。本書では、バイタルサインを5大要素に限らず、心電図や肺機能、水と電解質の知識や輸液の原理にまで拡大解釈し、従来、医師に独占されていた視診・聴診・打診・触診などの技術や診断学の基本が身につけられるように解説しました。また、仰臥位安静のデメリットと腹臥位のメリット、死後の処置の見直しなどについて提唱しています。
21世紀の先端を行くナースたちには診断学を十分に修得し、広義の健康や疾患の診断的評価を身につけてほしい、それが患者さんのQOL向上につながる…日野原先生からナースたちへのちょっぴり辛口な、そして熱いメッセージです。


1 目で見る診断
2 体温の測定法
3 脈拍の触診法と心拍
4 胸腹部の診察法
5 腹部の診察法
6 心臓の聴診と診断
7 頸静脈の視診の臨床的意味
8 血圧の測定法~その1
9 血圧の測定法~その2
10 体重測定の意義
11 呼吸器の診察法
12 血液ガスの臨床的意味
13 体液と電解質の正しい理解
14 “脱水”についての正しい理解
15 腹臥位療法の効用
16 安静の功罪
17 死後の処置の見直し

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

まだレビューはありません。

レビューを投稿