0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

インターナショナル ナーシング レビュー

臨時増刊号 131号(Vol.30,No.3/2007年)

  • A4変 144ページ (判型/ページ数)
  • 2007年05月発行
本体価格(税抜): ¥1,600
定価(税込): ¥1,760
カートに追加しました。
カートへ進む

特集1:

医療制度改革と看護

看護職はどのように考え行動すべきか

本特集では、医療制度改革の進行する中、今一度現状を確認し、この改革が看護のそれぞれの分野にどのような影響を与えるのか、また、その影響を受けて看護職はどのように考え行動すべきなのかを語っていただきます。
1章では、現状の医療制度の仕組みおよび、最近の動向といった基礎知識を概観します。
2章では、それぞれの立場から現在の医療制度の動向が看護にどのような影響を与えるのか、また、その影響を受けて看護職はどのように考え行動すべきなのかを語っていただきます。
3章では、医療制度改革の流れの中で、教育現場はどのような看護職を育てる必要があるのか、また教育制度はどのように変わっていくのかを考えます。
4章では、4カ国の医療制度や社会保障制度の現状と問題点を確認し、日本の今後を考える上での資料を提供します。
5章では、看護職以外の識者から医療制度改革の中で看護職にどのような役割を期待するのか、外の立場から語っていただきます。


序章 医療制度改革が看護に与える影響
永池京子

1章 医療制度の基礎知識

なぜ今医療制度改革が必要なのか
医療問題に関する基本データ
尾形裕也

医療制度改革の方向性
保険制度・医療提供体制の今とこれから
尾形裕也

2006年診療報酬・介護報酬改定の影響
齋藤訓子

2章 医療制度改革が看護に与える影響

急性期看護
坂本すが

慢性期看護
外来看護を中心として
数間恵子

精神看護
仲地明

小児看護
特に診療報酬改定について
寺島美紀子

高齢者看護
堀内園子

訪問看護
押川真喜子

保健行政
宮崎美砂子

産科医療・助産
井本寛子

診療報酬制度に見る医療技術評価
洪愛子

3章 医療制度改革が看護教育に与える影響

医療制度改革が看護教育に与える影響
教育側から見た今後の展望
鶴田惠子



4章 諸外国の医療制度

フランスの医療と看護の動向
刀根洋子

ドイツの医療・社会保障制度の動向
岩村偉史

アメリカの医療提供体制と医療保険制度の動向
河野圭子

イギリスの医療制度改革と看護
明渡陽子

5章 医療制度改革の中で看護の果たすべき役割

協働する看護師へ
訪問看護に携わる仲間へ贈るエール
川越厚

医療満足度が高いデンマークとナースの活躍、そして、日本で
大熊由紀子

看護師が医療制度改革の推進役となることを望む
勝村久司

医療制度改革と看護の役割
患者の権利の擁護者として
小林洋二

6章 資料

医療政策の経緯、現状及び今後の課題について
(計画作成に当たる都道府県職員向け参考資料)
厚生労働省医療構造改革推進本部総合企画調整部会

カテゴリ一覧

ページトップへ