0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

精神看護スペシャリストに必要な理論と技法

  • 日本専門看護師協議会 監修 宇佐美しおり・野末聖香 編集
  • B5 348ページ (判型/ページ数)
  • 2009年03月発行
  • 978-4-8180-1405-3
本体価格(税抜): ¥3,400
定価(税込): ¥3,740
在庫: 有り
数量:
カートに追加しました。
カートへ進む

深刻化する医師不足の問題など医療に対する課題が山積みとなっている現在、医療チームを動かし、安心で安全な医療や治療を提供する役割を担う認定看護師や専門看護師などの高度看護実践家の育成が、看護界では重要な課題となっています。
本書では、高度看護実践家の役割や機能に焦点をあて、精神医療・看護をさらに充実させるために必要とされる知識、技法、能力、訓練体制などについて示しました。高度看護実践家をめざすすべての看護職のための必須テキストです。


第1章 国内外における高度看護実践家の発展と今後の展望
1 海外・日本における高度看護実践家の歴史と発展
2 専門看護師制度と高度看護実践家の今後の展望と課題

第2章 高度看護実践家の役割
1 高度看護実践家の役割と組織
2 専門看護師の役割

第3章 高度看護実践家に必要な理論
1 心理・社会的成長発達に関する理論
2 自我の機能と自己の機能および人格に関する理論
3 精神力動理論と自我の機能
4 認知・行動に関する理論
5 ストレス-脆弱性-対処モデル
6 集団に関する理論
7 家族に関する理論
8 オレム-アンダーウッド理論
9 心身相関に関する理論

第4章 アセスメントと診断
1 精神状態の査定(MSE)および精神の健康度の査定(MHA)
2 診断面接と診断(DSM-IV-TR)

第5章 高度看護実践家に必要な治療と技法
1 精神療法とカウンセリング
2 認知行動療法
3 精神科薬物治療
4 リラクセーション
5 サポート・グループ

第6章 患者・家族のための治療体制の構築
1 チーム・ビルディング
2 専門看護師の役割とケア・マネジメントおよび地域支援体制の構築

第7章 ケア困難な患者への直接ケア
1 リエゾン領域におけるケア困難な患者への直接ケア
2 精神科病院および地域におけるケア困難な患者への直接ケア

第8章 コンサルテーションの技法
1 コンサルテーションの理論と定義
2 コンサルテーションのタイプとモデル
3 コンサルテーション事例

第9章 高度看護実践家に必要な教育・研究技法
1 臨床能力に応じた教育・支援方法
2 病棟や医療の質を向上させるための教育方法
3 現場の課題と研究技法

第10章 高度看護実践家に必要な調整機能
1 コーディネーションとコラボレーション
2 生命倫理・医療倫理に関する理論
3 高度看護実践家に必要な生命倫理と倫理観
4 高度看護実践家が行う倫理的調整と実際例

第11章 高度看護実践家の臨床能力の発達と育成
1 高度看護実践家の臨床能力の発達
2 スーパービジョンの意義と方法

第12章 看護師のメンタルヘルス支援
1 看護師のメンタルヘルスを取り巻く現状
2 看護師の精神的問題への支援方法と実際
3 看護師の心的外傷性ストレス反応への介入

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

まだレビューはありません。

レビューを投稿