0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

コミュニティケア

2007年3月号 97号(Vol.9,No.3)

  • A4変 80ページ (判型/ページ数)
  • 2007年03月発行
  • 978-4-8180-1261-5
本体価格(税抜): ¥1,000
定価(税込): ¥1,100
カートに追加しました。
カートへ進む

特集1:

退院支援の新たな方向性

実現したい! 在宅ケア・リエゾンシステム

 医療依存度の高い患者・利用者が在宅療養へ移行する例が増えています。しかし、“生活”をみた退院支援は実現できているでしょうか? 海外では訪問看護師やケアマネジャーなど地域のケアスタッフが病院に積極的にかかわり、入院中から退院支援を行う“リエゾン”という実践がされています。本特集では日本における実現の可能性を考えます。

特集2:

受けてみよう!

訪問看護のコンサルテーション

 日本訪問看護振興財団では、訪問看護ステーションの質向上のための提案を行う3つのコンサルテーション事業を行っています。その1つ「経営・運営」コンサルテーションを受けて、悩んでいた所長が生き生きと成長した事例を通して、その事業を紹介します。


●特集
退院支援の新たな方向性
――実現したい! 在宅ケア・リエゾンシステム

〈座談会〉
病院・地域の看護職の協働でよりよい退院調整を
――スムーズな退院支援のためにできること
/宇都宮宏子・角田直枝・ 永田智子・村上紀美子

〈総論〉
日本におけるリエゾンナースの可能性
――その実践と効果から退院連携における看護師の役割について考える/長江弘子

〈現場の取り組み1:聖隷浜松病院〉
院内認定訪問看護師の育成と在宅支援事業所訪問看護師による退院支援
/宮本千恵美・古藤真子

〈現場の取り組み2:織田病院〉
在宅ケア経験が豊富な“リエゾンナース”を中心に病院全体で行う退院支援
/戸村ひかり

〈現場の取り組み3:(財)名古屋市高齢者療養サービス事業団〉
地域の力量を知る看護職が病院内で在宅生活を考えた退院支援を実現/編集部

〈海外での取り組み〉
“在宅ケア・リエゾン”が病院に入り、スムーズな退院支援を実現/村上紀美子


●第2特集
受けてみよう!
訪問看護のコンサルテーション

〈概説〉
孤立しやすい所長を支援する
訪問看護コンサルテーション事業/萩原正子

〈経営・運営コンサルテーションの実際〉
コンサルテーションを受けて変わった所長、伸びたステーション/編集部

〈調査研究者の立場から〉
訪問看護ステーションはビジネス感覚を身につけてさらに飛躍を! /梅本哲


●シリーズ

藤原泰子の“訪問看護・在宅ケアあれこれ”
研修医に託すこれからの在宅医療

[最終回]がんばってます! 療養通所介護/当間麻子
在宅療養者の“生活を支える看護”をめざして
――療養通所介護の現状と課題

日野原重明の“一緒に学ぶケアカンファレンス”
老老介護で負担の大きい利用者家族への訪問看護の役割について考える

日本訪問看護振興財団 耳より情報/佐藤美穂子・角田直枝
人生の終末期をどう過ごしたいかが伝えられる環境を整える ほか

にぎやかな風/阪井由佳子
初めての看取り


●コラム
ニュース手帳/編集部

日経編集委員発! 在宅ケア フロントライン/浅川澄一
「地域密着」に弊害あり

Review City/池田省三
“ケアの規模は小さく、事業は大きく”がこれからの方向性

介護保険おさらい帖/山崎摩耶
これからのターミナルケアと介護保険サービスの課題

山田雅子の From厚生労働省
緩和ケアや在宅医療の充実に向けて“麻薬”の取り扱いが変更に


●REPORT
訪問看護師が評価した
「在宅における感染管理に関するマニュアル」
――現場の声をカテゴリ化して分析し効果を検証
 前田修子・水島ゆかり・滝内隆子・中山栄純・浅見美千江

カテゴリ一覧

ページトップへ