0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

ナーシング・トゥデイ 2010年6月号(Vol.25,No.7)

  • A4変 88ページ (判型/ページ数)
  • 2010年06月発行
本体価格(税抜): ¥1,080
定価(税込): ¥1,188
在庫: 品切
カートに追加しました。
カートへ進む

特集1:

認定看護師から事例で学ぶ

認知症患者への対応方法

病棟を問わず高齢化の進む一般病棟では、今や認知症患者は珍しくありません。
本特集では、認知症のアセスメントと看護の基本を学び、身体疾患などで入院中の認知症患者の具体例を基に、認知症看護認定看護師が対応方法を解説します。

特集2:

NT special 退院支援・退院調整

病棟看護チームが力を発揮する退院支援

NT special編集アドバイザーの宇都宮宏子さんは、京都大学医学部附属病院で「退院支援・退院調整」に取り組む意識を広げてきました。その宇都宮さんが「最も自然に病棟ナースによる退院支援を実践している」と言うのが神経内科病棟です。
今月のspecial issueでは、同院神経内科病棟の看護師の皆さんが、外来にもかかわりながら“自然な退院支援”を実現できているのはなぜか、その秘訣に迫ります。
地域の看護職の報告は、特別養護老人ホームから。入居者・家族の望む“看取り介護”に取り組んでいる清水さんと善田さんの実践です。


◆特集
認定看護師から事例で学ぶ
認知症患者への対応方法

[監修]唐澤千登勢

認知症のアセスメントと看護 島橋誠 唐澤千登勢

事例で見る認知症患者への対応方法
・ルート抜去してしまう 山浦麗華
・薬の管理ができない 佐藤典子
・他の入院患者とうまくいかない 後藤麻衣子
・移動・散歩時に転倒してしまう 窪田妙子
・失禁・不潔行為・排泄物を処理できない 正田弘
・夜間に眠れない 太田智子
・自宅に帰ろうとする 赤井信太郎
・退院を家族に拒否された 大久保和実


◆NTspecial 退院支援・退院調整

specialissue
病棟看護チームが力を発揮する退院支援
――京都大学医学部附属病院神経内科での実践[企画]宇都宮宏子
○看護師主導の“3つのカンファレンス”で患者に寄り添う退院支援を実現 小泉亜紀子
○病棟看護師が“退院支援の第2段階”でかかわることが患者の自立をうながす 松本麻衣

voice from community
医療は“治療”だけじゃない!“看取り介護”も大切な医療 清水智栄子 善田智子


◆topics

ホリスティックタッチ
看護の可能性を深め広げる 石川れい子


◆連載

・グラフ:WLB(ワーク・ライフ・バランス)で行こう
昭和大学藤が丘病院の添野民江さん

・トゥデイズ・インタビュー
「子どもの心の診療」 柳澤正義さん

・認定看護分野のトゥデイズ・ケア
「がん性疼痛看護/認知症看護」 安藤和美 崎山美香

・油断大敵! ME機器の落とし穴
「電気メス・」 中田諭

・自分を磨き技を磨く
「リラクセーション法・誘導イメージ法」 小板橋喜久代

・“起きる”をチームで支えよう!
「病棟看護師が支える(スペシャリスト)」 古川優子 大久保暢子

・新薬の光と影
「イメンド(R)カプセル[制吐薬]」 中原保裕 ・中原さとみ

・注目の医療最前線
「心不全の急性期から慢性期に至る疾病管理」 知覧俊郎

・かかわり上手なナースになろう
「患者と同じ経験がないと信頼してもらえない?」 菅佐和子


・ニュースダイジェスト
・NTおしゃべり会
・私の病院自慢
・ナースるりかさん いしはらりえこ
・NTセレクト&プレゼント
・information
・次号予告
・ファクスシート
・バックナンバー

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

まだレビューはありません。

レビューを投稿