0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

ナーシング・トゥデイ 2011年8月号(Vol.26,No.4)

  • A4変 104ページ (判型/ページ数)
  • 2011年08月発行
本体価格(税抜): ¥1,375
定価(税込): ¥1,513
在庫: 品切
カートに追加しました。
カートへ進む

特集1:

震災後を支える看護

心のケアを中心に

特集2:

NT special 1 退院支援・退院調整

“患者が望む生活”を実現する 退院前後の自宅訪問

 今月のNTspecial1は、大阪府立呼吸器・アレルギー医療センターの「病棟看護師による退院前後の自宅訪問」を特集。在宅移行が困難な患者でも、同センターの病棟看護師が自宅を訪問し、状況に合わせた支援を行うことで、患者・家族の安心につなげている取り組みを紹介します。
「退院支援・退院調整 お悩み相談」では、高槻赤十字病院の退院調整看護師・原田かおるさんがMSWと上手に協働するポイントをアドバイス。
 地域の看護職からの報告は、認知症高齢者に家庭的なケアを行うグループホームを立ち上げた武田順子さんが、自宅とは違う“家”での看取りを語ります。
 退院調整看護師のエッセーは、茨城県立中央病院の佐久間直美さん、田村麻里子さんからのメッセージです。


◆特集
震災後を支える看護 心のケアを中心に

東日本大震災における日本精神保健看護学会の役割 田中美恵子

災害のストレスによる慢性期・復旧復興期の心身の健康問題と心のケア 近澤範子

これからケアに当たる看護職へ(1) 安保寛明

これからケアに当たる看護職へ(2) 塩飽仁

これからケアに当たる看護職へ(3) 山内典子 安田妙子 高橋はづき

これからケアに当たる看護職へ(4) 宇佐美しおり

精神科医が見た被災地とこれから必要になるケア 大下隆司

臨床心理士が見た被災地とこれから必要になるケア 小林清香

救援者に必要とされる心のケア 山﨑達枝

東京都看護協会における災害支援と活動後のナースへのフォローアップ 山タ達枝


◆特集2
看護形態機能学はなぜ必要か
看護実践につながるからだの捉え方


看護形態機能学とは 菱沼典子 大久保暢子

[座談会]看護形態機能学は、なぜ看護師に必要なのか
鈴木宏実 大久保暢子 日下部浩子

臨床でこそ生かせる看護形態機能学の視点からのヘルスアセスメント 大久保暢子


◆NTspecial 1 退院支援・退院調整
special issue

“患者が望む生活”を実現する
退院前後の自宅訪問

○病棟看護師による患者の自宅訪問 西川百合子

○退院前後の自宅訪問を病棟の看護に生かす 平田聡子 西岡佐智子 竹川幸恵


・Report
自宅訪問の事例検討会「あっとほーむdeかたりIng」 編集部

・退院支援・退院調整 お悩み相談 原田かおる

・voice from community
「認知症緩和ケアと看取りを実践する“グループホーム”での看護」 武田純子

・essay 退院調整ナースの日々
「地域の関係機関に感謝の気持ちでいっぱい」 佐久間直美 田村麻里子


◆NTspecial 2 新人看護職員研修

・新人看護職員研修めぐり
「東邦大学医療センター佐倉病院」

・シミュレーションで学ぶフィジカルアセスメント
「脳神経系のアセスメント」 阿部幸恵

・プリセプターお悩み相談
「年上のプリセプティーは謙虚さや素直さが足りないんです」 永井則子

・新人が抱えるリスクを理解する
「報告のコミュニケーション」 山内桂子 恩田清美


◆連載

・トゥデイズ・インタビュー
「災害支援ナース」 石井美恵子

・認定看護分野のトゥデイズ・ケア
「皮膚・排泄ケア / 認知症看護 」 中川ひろみ 島橋誠

・“起きる”をチームで支えよう!
「家族が支える」 大脇力

・医療トレンド
「東日本大震災の感染症対策(高山義浩)」 知覧俊郎

・新薬の光と影
「(1)レミニール(R)錠4mg、8mg、12mg(2)メマリー(R)錠5mg、10mg、20mg」 中原保裕 中原さとみ

・information
・NTセレクト&プレゼント
・次号予告
・読者ファクスシート

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

まだレビューはありません。

レビューを投稿


関連商品

ルポ・そのとき看護は

ナース発 東日本大震災レポート

  • 日本看護協会出版会編集部 編
  • A5 704ページ (判型/ページ数)
  • 2011年09月発行
  • 978-4-8180-1611-8

定価(税込): ¥2,640

本体価格(税抜): ¥2,400


東日本大震災の被災地域の看護職と、支援に赴いた看護ボランティア、被災地の患者・住民を受け入れた施設など、さまざまな立場の看護職183人による活動レポート集