0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

コミュニティケア 2013年7月号

186号(Vol.15,No.8)

  • A4変 80ページ (判型/ページ数)
  • 2013年07月発行
  • 978-4-8180-1708-5
本体価格(税抜): ¥1,100
定価(税込): ¥1,210
在庫: 品切 (コールセンターへお問合せ下さい)
カートに追加しました。
カートへ進む

特集1:

地域で支えつづけたい!

神経難病の訪問看護

 在宅医療の進歩により、在宅での生活を希望する神経難病の療養者が増えています。神経難病の療養は長期にわたり、病状の進行に伴って医療・生活にまたがるさまざまな支援を必要とすることから、訪問看護師をはじめ、地域・病院の看護職の支援が欠かせません。
 在宅療養する神経難病者を支えるための「看護システム」のメンバーには、保健所等の保健師・病院外来看護師・訪問看護師などが含まれます。これらが、それぞれの役割を把握した上で連携をとり、多職種でのネットワークをつくりながら支援していくことが求められています。
 本特集では、地域での看護システムとその連携の必要性について小倉朗子氏が解説し、続いて2013年4月に施行された障害者総合支援法による変化と神経難病者の対応困難な症状への看護の実践について紹介します。さらに、3人の訪問看護管理者がその取り組みを報告し、神経難病を持つ療養者を地域で支えるためのポイントを考えます。

特集2:

看護師が知っておきたい“死”との向き合い方

 よい最期を迎えるためには、利用者だけでなく、家族も死と向き合うことが重要です。そして、看護師にはそれを支えるために、病状の管理だけでなく、本人や家族の思想・宗教観・居住地域の文化といった個別性に合わせた対応が求められます。
 座談会では、よい最期とはどのようなものか、なぜ家族も死と向き合う必要があるのか、看護師は死をどのように捉え、どのような知識を持っておくべきかについてお話しいただきます。さらに、死生学研究会代表の内田誠さんには看護師に知っておいてもらいたい死に関する基礎知識をご解説いただき、最後に座談会参加者から看護師におすすめの本や映画をご紹介いただきます。
 利用者や家族が死と向き合うことを支えるスキルは一朝一夕に身につくものではありません。だからこそ、日ごろから感性を磨き、死生感を育む必要があるのです。本特集で死との向き合い方についてあらためて考えてみませんか?


●特集
地域で支えつづけたい!
神経難病の訪問看護

〈総論〉
神経難病の在宅療養を支える看護システムと連携 小倉朗子

〈Column〉
障害者総合支援法のポイント 森岡久尚

〈解説〉
対応困難な症状や障害への訪問看護――ALS療養者に焦点を当てて 松田千春・中山優季

〈報告1〉秋田県看護協会訪問看護ステーションあきた(秋田市)
利用者・家族のQOL向上に必要な地域での連携 石川セツ子

〈報告2〉在宅ケアセンターひなたぼっこ(愛媛県松山市)
訪問看護と通所サービスの利用で閉じこもりから脱却 安藤眞知子

〈報告3〉港北区医師会訪問看護ステーション(神奈川県横浜市)
家族の意思決定に寄り添って“地域”で支えたい 乙坂佳代


●第2特集
看護師が知っておきたい
“死”との向き合い方

〈座談会〉
利用者・家族に死と向き合っていただくために 内田誠・高橋愛弓・松尾英男・横田喜久恵

〈解説〉
“死”について看護職に知っておいてもらいたいこと 内田誠

〈BOOK&DVD紹介〉
“死”と向き合う看護師におすすめの本と映画10


●SERIES
特別養護老人ホームでの“看護”の実践 三階美佐
アビターレナーシングホーム(北海道札幌市)
――看取りへの挑戦で変化した入居者に向き合う姿勢

私たち、訪問看護認定看護師です!
リーダーシップを発揮しスタッフと学びを共有したい 松井美和
38経験と理論が結びつきできた1本の「看護の支柱」 高橋光子

コミュニティケア探訪 村上 紀美子
ホスピスの知恵を生かして地域・病院・施設の看取りの質向上
英国の「エンドオブライフケア・ストラテジー(終末期ケア戦略)」

角田直枝の病院と地域を“看護”がつなぐ 角田直枝
超高齢社会に向けてギアチェンジ

支えられて〜訪問看護師がALS療養者になって 牛久保結紀
愛猫モアの看取り

訪問の合間に一句 詠んでみる 訪問看護“泣き笑い”川柳 松谷依子

日本訪問看護財団からのお知らせ
内容の改訂でさらにパワーアップ! 「訪問看護eラーニング」 ほか

全国訪問看護事業協会からのお知らせ
『そこが知りたい! 事故事例から学ぶ 訪問看護の安全対策 第2版』が発行


●COLUMN
ニュース手帳 編集部

高齢者ケアの風景 甘利てる代
あの日から配達し続ける「あかねグループ」
――東日本大震災を忘れない(4)

地域・在宅ケアの未来を拓く 看護師職能委員会Ⅱ 上野佳穂
〈京都府看護協会〉現場主義をモットーに“つなぐ”活動を


●REPORT
訪問看護でのスピリチュアルケア――千光寺住職・大下大圓氏に聞く 佐藤 礼

社会福祉法人「福祉楽団」の取り組み――KOMIケア理論に基づく看取りと新人教育 野口忍


●特別寄稿
高齢者訪問看護質指標(転倒予防)を用いたインターネットによる訪問看護支援システムの有効性
――訪問看護師の自己評価からの分析
鈴木みずえ・上野桂子・中間浩一・深堀浩樹・山本則子●特集
地域で支えつづけたい!
神経難病の訪問看護

〈総論〉
神経難病の在宅療養を支える看護システムと連携 小倉朗子

〈Column〉
障害者総合支援法のポイント 森岡久尚

〈解説〉
対応困難な症状や障害への訪問看護――ALS療養者に焦点を当てて 松田千春・中山優季

〈報告1〉秋田県看護協会訪問看護ステーションあきた(秋田市)
利用者・家族のQOL向上に必要な地域での連携 石川セツ子

〈報告2〉在宅ケアセンターひなたぼっこ(愛媛県松山市)
訪問看護と通所サービスの利用で閉じこもりから脱却 安藤眞知子

〈報告3〉港北区医師会訪問看護ステーション(神奈川県横浜市)
家族の意思決定に寄り添って“地域”で支えたい 乙坂佳代


●第2特集
看護師が知っておきたい
“死”との向き合い方

〈座談会〉
利用者・家族に死と向き合っていただくために 内田誠・高橋愛弓・松尾英男・横田喜久恵

〈解説〉
“死”について看護職に知っておいてもらいたいこと 内田誠

〈BOOK&DVD紹介〉
“死”と向き合う看護師におすすめの本と映画10


●SERIES
特別養護老人ホームでの“看護”の実践 三階美佐
アビターレナーシングホーム(北海道札幌市)
――看取りへの挑戦で変化した入居者に向き合う姿勢

私たち、訪問看護認定看護師です!
リーダーシップを発揮しスタッフと学びを共有したい 松井美和
38経験と理論が結びつきできた1本の「看護の支柱」 高橋光子

コミュニティケア探訪 村上 紀美子
ホスピスの知恵を生かして地域・病院・施設の看取りの質向上
英国の「エンドオブライフケア・ストラテジー(終末期ケア戦略)」

角田直枝の病院と地域を“看護”がつなぐ 角田直枝
超高齢社会に向けてギアチェンジ

支えられて〜訪問看護師がALS療養者になって 牛久保結紀
愛猫モアの看取り

訪問の合間に一句 詠んでみる 訪問看護“泣き笑い”川柳 松谷依子

日本訪問看護財団からのお知らせ
内容の改訂でさらにパワーアップ! 「訪問看護eラーニング」 ほか

全国訪問看護事業協会からのお知らせ
『そこが知りたい! 事故事例から学ぶ 訪問看護の安全対策 第2版』が発行


●COLUMN
ニュース手帳 編集部

高齢者ケアの風景 甘利てる代
あの日から配達し続ける「あかねグループ」
――東日本大震災を忘れない(4)

地域・在宅ケアの未来を拓く 看護師職能委員会Ⅱ 上野佳穂
〈京都府看護協会〉現場主義をモットーに“つなぐ”活動を


●REPORT
訪問看護でのスピリチュアルケア――千光寺住職・大下大圓氏に聞く 佐藤礼

社会福祉法人「福祉楽団」の取り組み――KOMIケア理論に基づく看取りと新人教育 野口忍


●特別寄稿
高齢者訪問看護質指標(転倒予防)を用いたインターネットによる訪問看護支援システムの有効性
――訪問看護師の自己評価からの分析
鈴木みずえ・上野桂子・中間浩一・深堀浩樹・山本則子

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

まだレビューはありません。

レビューを投稿