0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

コミュニティケア 2013年8月号

187号(Vol.15,No.9)

  • A4変 80ページ (判型/ページ数)
  • 2013年08月発行
  • 978-4-8180-1709-2
本体価格(税抜): ¥1,100
定価(税込): ¥1,210
在庫: 品切 (コールセンターへお問合せ下さい)
カートに追加しました。
カートへ進む

特集1:

今必要とされる

特養の事故予防対策

 厚生労働省は、2012年3月に「介護施設における介護サービスに関連する事故防止体制の整備に関する調査研究事業報告書」を公表しました。ここで課題として指摘されたのは、安全予防対策が進んでいない施設の体制整備と、要介護度が高い入居者や認知症の重い入居者への対応です。この報告書を受けて、2013年3月には「特別養護老人ホームにおける介護事故予防ガイドライン」が改訂されました。
 「総論」では、ガイドライン改訂の経緯や、これからの特養に求められる事故予防対策について、ガイドライン作成にかかわってきた鳥海房枝氏に述べていただきます。そして、事故予防対策に積極的に取り組む特養からは、委員会や報告システム等の体制、要介護度が高い入居者や認知症の重い入居者への具体的な対応方法をご報告いただきます。
 事故予防対策は、それぞれの施設の状況に合わせてつくりあげていく必要があります。今回、ご報告をいただくのは、いずれも事故予防に長年取り組んでこられ、その施設に合った体制整備・マニュアルづくりを行ってきた特養です。これから事故予防対策の強化・見直しを行う皆さまには、ぜひ、ここに示された実践例を参考にして取り組んでいただければと思います。

特集2:

訪問看護師が考えたい!

在宅での“倫理”

 訪問看護師は利用者宅を1人で訪れるため、対応上の判断に迷うことがあります。さらに他職種や行政がかかわる在宅ケアの現場では、倫理的問題について考え方の違いが生じることもあるでしょう。このような場合でも、訪問看護師1人ひとりが“倫理の軸”をしっかり持っていれば、適切に判断・行動することが可能になります。
 元・日本看護協会常任理事の杉谷藤子氏が代表を務める「医療人権を考える会」は、看護倫理にかかわる調査・研究を行っています。2012年、同会は訪問看護における倫理的問題を考えるために事例収集をスタート。それらを基に作成された訪問看護師がとるべきモデルとなる行動を示した事例を、9月号から始まる連載「事例で学ぼう! 訪問看護での倫理」に掲載します。
 本特集では、同会のメンバーなどへの「グループインタビュー」、その取り組みを取材した「レポート」で、事例検討がどのように進んだかを紹介。さらに、ホスピスケア研究会理事の季羽倭文子氏、日本訪問看護財団常務理事の佐藤美穂子氏に「連載への期待」を述べていただき、訪問看護師が“倫理”を学ぶ意義をあらためて考えます。


●特集
今必要とされる 特養の事故予防対策

〈総論〉
これからの特養に求められる事故予防対策 鳥海房枝

〈報告1〉特別養護老人ホームくやはら(群馬県沼田市)
介護職と行う認知症が重い入居者のリスクマネジメント 小玉幸佳

〈報告2〉特別養護老人ホーム葛飾やすらぎの郷(東京都葛飾区)
事故予防の意識を高めて“未然に防ぐ”体制をつくる 中山美千代

〈報告3〉特別養護老人ホーム聖明園富士見荘(東京都青梅市)
現場で考える事故予防対策を生かしてケアの統一を 高橋イシ子

〈報告4〉社会福祉法人こうほうえん(鳥取県・東京都)
リスクへの感受性を高め、事故防止への組織風土を醸成する 社会福祉法人こうほうえんリスクマネジメント委員会


●第2特集
訪問看護師が考えたい! 在宅での“倫理”

〈グループインタビュー〉
訪問看護での“倫理”を考える 杉谷藤子・川合政恵・徳島敏枝・安田和子

〈レポート〉
訪問看護における“倫理”のモデル事例作成のための
取り組みとは? 編集部

〈連載への期待1〉
訪問看護の実践を“倫理”で見直す 季羽倭文子

〈連載への期待2〉
モデル事例を教材に“倫理の軸”を構築してほしい 佐藤美穂子


●SERIES
特別養護老人ホームでの“看護”の実践 佐藤和江
特別養護老人ホームのぞみの苑(群馬県桐生市)――10年後も選ばれる特養であるために

私たち、訪問看護認定看護師です!
看護と介護が協働し「その人らしい生活」を支えたい 岩崎美智子
管理者として早急に取り組んだ2つの課題 佐々木真理子

角田直枝の病院と地域を“看護”がつなぐ 角田直枝
看護師確保の極意

支えられて〜訪問看護師がALS療養者になって 牛久保結紀
日常にちょっとした変化を……

訪問の合間に一句 詠んでみる 訪問看護“泣き笑い”川柳 佐久間 玲子

日本訪問看護財団からのお知らせ
地域住民や他職種へのアプローチで信頼されるステーションをめざす ほか

全国訪問看護事業協会からのお知らせ
「平成26年度診療報酬改定に関する要望書」を提出 ほか


●COLUMN
ニュース手帳 編集部

高齢者ケアの風景 甘利てる代
消えてしまった町――東日本大震災を忘れない(5)

地域・在宅ケアの未来を拓く 看護師職能委員会Ⅱ 小林利江
〈長野県看護協会〉地域での看取りを強化し、看護の機能強化をはかる


●REPORT
県内の医療水準向上をめざす茨城県看護協会――在宅医療連携拠点事業・複合型サービスに取り組む 角谷三樹子


●短期集中連載
平成24年度介護報酬・診療報酬同時改定後の訪問看護の現状と課題
訪問看護事業所が黒字化するサービス提供の要素――全国訪問看護事業所のサービス提供実態調査の分析結果を基に 福井小紀子・藤田淳子・清水準一・髙砂裕子・上野桂子・齋藤訓子・星芝 由美子

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

まだレビューはありません。

レビューを投稿