0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

コミュニティケア 2013年10月号

189号(Vol.15,No.11)

  • A4変 80ページ (判型/ページ数)
  • 2013年10月発行
  • 978-4-8180-1711-5
本体価格(税抜): ¥1,100
定価(税込): ¥1,210
在庫: 品切 (コールセンターへお問合せ下さい)
カートに追加しました。
カートへ進む

特集1:

慢性疾患を悪化させない訪問看護

日本は人口減少局面に入っているにもかかわらず、世帯数は増加傾向にあります。つまり世帯規模は縮小傾向にあり、訪問看護の利用者に家族という援助者がいない、家族はいても高齢などの理由で介護は難しいというケースはこれからますます増えてくることが予想されます。

その―方、利用者の多くは慢性疾患を抱えているために、病状が悪化したり再発したりしないため、療養環境を整えて自己管理ができるように支援することは、訪問看護師の大きな役割の1つです。

「総論」では、利用者が在宅で療養生活を継続していくために何が必要とされるのか、そのために訪問看護師はどのような役割を果たすべきなのかについて述べていただきます。「解説」では、特に在宅での自己管理に困難がともなう高齢独居療養者に焦点を当て、生活を継続していくためにどのような機能が必要とされるかを解説していただきます。「報告」ではさまざまな慢性疾患の事例を基に、疾患ごとのアセスメントやケアのポイントをご紹介いただきます。

慢性疾患を抱えている利用者のQOLを向上させ、最期まで自宅で療養生活を継続できるように支えるためのヒントをつかんでいただければと思います。

特集2:

特養でのたんの吸引・経管栄養 法改正後、1年半の“今”

2012年4月、「社会福祉士及び介護福祉士法の一部を改正する法律」の施行によって、介護福祉士および一定の研修を受けた介護職員等が、一定の条件の下にたんの吸引と経管栄養を実施できることになりました。そして現在、研修は各地域で行われ、認定特定行為業務従事者も徐々に増加してきています。

本特集では、「介護職員等によるたんの吸引等の実施のための制度の在り方に関する検討会」で特養の施設長・看護師の立場で発言されてきた川崎さんに、これまでの経緯や明らかとなってきた効果・課題を分析していただきます。引き続き「報告」で、特養の看護師に現在の状況と看護職・介護職の連携のあり方をご紹介いただき、さらに日本介護福祉士会副会長・内田さんに看護職への期待を述べていただきます。

法改正から1年半を経た“今”、現場の状況を見つめ、今後の課題を考えたいと思います。


●特集 慢性疾患を悪化させない訪問看護

〈総論〉
 慢性疾患を悪化させない訪問看護とは 平原優美

〈解説〉
 高齢独居療養者の生活継続に必要な機能を考える 蒔田寛子

〈報告1〉慢性呼吸器疾患
 慢性呼吸器疾患を持つ利用者が陥りやすい悪循環からの脱却 坂野純子

〈報告2〉脳卒中
 残存機能の維持をめざして“強み”を伸ばしていく 齋竹一子

〈報告3〉慢性心不全
 慢性心不全の悪化・再発を防ぐ4つのケア 大牛晴代

〈報告4〉糖尿病
 訪問看護師は利用者が望む生活を実現する“要”となる 細川満子


●第2特集 特養でのたんの吸引・経管栄養 法改正後、1年半の“今”

〈総論〉
 たんの吸引・経管栄養の現状――明らかになってきた効果と課題 川崎千鶴子

〈報告1〉特別養護老人ホーム志和荘(岩手県)
 介護職員の質の高いケアを支えるために看護職員の増員を 浅沼久子

〈報告2〉京都市桂川特別養護老人ホーム(京都市)
 施設内フォローアップ研修が技術の向上と連携強化に 鎌田松代

〈メッセージ〉
 特養の介護職員が看護職員に求めるもの 内田千惠子


●SERIES
 訪問看護師ががん患者になって考えた 死にゆく人に寄り添い支えること 川越博美
 与えられた命を精一杯生きる

 私たち、訪問看護認定看護師です!
 教育課程で根拠に基づいた看護を学ぶ 石神泉
 “顔の見える関係づくり”で地域に貢献する 小川綾乃

 角田直枝の病院と地域を“看護”がつなぐ 角田直枝
 病院も伊勢神宮の式年遷宮のように

 支えられて〜訪問看護師がALS療養者になって 牛久保結紀
 “話せる気管カニューレ”に感動

 訪問の 合間に一句 詠んでみる 訪問看護“泣き笑い”川柳 片山史絵

 事例で学ぼう! 訪問看護での“倫理” 杉谷藤子・川合政恵
 内服治療を拒むBさんに困惑する家族 ヘルパーは「薬を食事に混ぜれば」と言うが……

 日本訪問看護財団からのお知らせ
 仮設住宅住民の健康を支える宮城県名取市の「被災地支援事業」 ほか

 全国訪問看護事業協会からのお知らせ
 平成25年度の当協会の活動状況 ほか


●COLUMN
 ニュース手帳 編集部

 高齢者ケアの風景 甘利てる代
 医師とともに拠点となって地域を支えた小規模ホーム――東日本大震災を忘れない(7)

 地域・在宅ケアの未来を拓く 看護師職能委員会Ⅱ 水田輝子
〈佐賀県看護協会〉現場の声を大切に活動を展開


●REPORT
 喀痰吸引等研修・指導者講習を実施して――その実際と見えてきた課題 小田美紀子


●短期集中連載
 平成24年度介護報酬・診療報酬同時改定後の訪問看護の現状と課題③

 訪問看護事業所の質管理の取り組みと関連要因の検討
 藤田淳子・福井小紀子・清水準一・髙砂裕子・上野桂子・齋藤訓子・星芝由美子

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

まだレビューはありません。

レビューを投稿