0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

コミュニティケア 2013年12月号

192号(Vol.15,No.14)

  • A4変 80ページ (判型/ページ数)
  • 2013年12月発行
  • 978-4-8180-1714-6
本体価格(税抜): ¥1,100
定価(税込): ¥1,210
在庫: 品切 (コールセンターへお問合せ下さい)
カートに追加しました。
カートへ進む

特集1:

看護職がリードしたい!

特養でのフィジカルアセスメント

 フィジカルアセスメントは、特養の看護職にとって大きな役割の一つです。
 「座談会」では、特養の現場を熟知している、川崎千鶴子氏(特別養護老人ホームみずべの苑施設長)、田中涼子氏(高齢者福祉総合施設ももやま園長)、鳥海房枝氏(NPO法人メイアイヘルプユー理事/本誌編集委員)の3人に、特養の看護職がフィジカルアセスメントを行う意味や、介護職との連携のあり方についてお話しいただきます。続いて「報告」では、2つの施設から介護職とどのように連携しているか、またフィジカルアセスメントを実際のケアにどのように生かしているかをご紹介いただきます。さらに「研修報告」では、千葉県立保健医療大学が行っている「特別養護老人ホームで働く看護職のためのフィジカルアセスメント研修」の内容を紹介していただくとともに、受講者に行ったアンケートの結果から研修の効果をお示しいただきます。
 フィジカルアセスメントによって、入居者の今後の状態の変化を予測し、介護職とともに適時に適切な対応ができるよう、施設全体をリードしていきましょう。

特集2:

自立に向けた小児訪問看護

――療養者から生活者へ

 医療依存度の高い小児が在宅で過ごすケースが増えてきています。そのような小児と家族が安心して過ごすために、訪問看護師は多機関・多職種と連携しながら支援を行っています。しかし、状態が安定してくると手厚い医療管理は必要なくなり、小児は“自立”に向けて家族とともに歩き出していかなくてはなりません。そこで訪問看護師には、小児や家族が不安なく訪問看護を終了し、生活を続けていけるような支援が求められます。
 本特集では、これまで多くの小児訪問看護に携わってきた和田洋子さんに、医療依存度の高い小児と家族への支援のポイント、および今後の課題を提言していただきます。
 そして、小児訪問看護を積極的に行っている2つの訪問看護ステーションの看護師に、その実際や自立に結びついた支援について報告していただきます。
 小児の成長とともに支援の形を変え、訪問看護の卒業へと導いていく小児訪問看護のあり方を考え、その魅力に迫ります。


●特集
看護職がリードしたい!
特養でのフィジカルアセスメント

〈座談会〉特養の看護職がフィジカルアセスメントを行う意味 川崎千鶴子・田中涼子・鳥海房枝

〈事例1〉港区立特別養護老人ホーム港南の郷(東京都港区)
五感を総動員して行うフィジカルアセスメント 大庭尚子

〈事例2〉特別養護老人ホームサンシャイン美濃白川(岐阜県加茂郡白川町)
入居者の“正常”がわからなければ“異常”は発見できない 安江豊子

〈研修報告〉教育機関が行うフィジカルアセスメント研修 片倉直子・白鳥孝子・榎本麻里


●第2特集
自立に向けた小児訪問看護
――療養者から生活者へ

〈総論〉小児の自立に向けた訪問看護――支援のポイントと看護の可能性 和田洋子

〈報告1〉岐阜県看護協会立訪問看護ステーション(高山市)
訪問看護なら前例がなくても地域を変えられる 野崎加世子・森脇信子

〈報告2〉医療法人誠医会川崎大師訪問看護ステーション(川崎市)
小児の成長とともに支援の形態を変えて訪問看護の卒業へ 島田珠美


●SERIES
訪問看護師ががん患者になって考えた 死にゆく人に寄り添い支えること 川越博美
患者として入院中に思ったこと

事例で学ぼう! 訪問看護での“倫理” 川合政恵・杉谷藤子
家族の希望でがん終末期の告知をしておらず、本人からの病状への疑問に向き合えない

特別養護老人ホームでの“看護”の実践 小野肇子
まちなか宝生園(福島県福島市)
──利用者の生き方を支え、望みにできる限り沿える援助を行う

日野原重明の“一緒に学ぶケアカンファレンス”
転倒のリスクが増大した認知症独居高齢者へのチーム支援を考える

私たち、訪問看護認定看護師です!
ホームホスピスで訪問看護の限界を乗り越える 富岡里江

教育課程での学びを「看護の質向上」につなげる 加藤希

角田直枝の病院と地域を“看護”がつなぐ 角田直枝
エレガントさも交渉術のうち

支えられて〜訪問看護師がALS療養者になって 牛久保結紀
金沢で“人の力”に大感動

訪問の 合間に一句 詠んでみる 訪問看護“泣き笑い”川柳 松本和彦

日本訪問看護財団からのお知らせ
2012年度ダブル改定を整理して来年度の診療報酬改定に備える ほか

全国訪問看護事業協会からのお知らせ
「平成26年度診療報酬改定に向けたアンケート」結果について ほか


●COLUMN
ニュース手帳 編集部

高齢者ケアの風景 甘利てる代
「孤独死」は将来もっと増える?

地域・在宅ケアの未来を拓く 看護師職能委員会Ⅱ 澤越純子
〈和歌山県看護協会〉介護・福祉施設への積極的支援を出前研修で


●特別寄稿
「高齢者看護の実践能力を育成する教育支援プログラム」を基盤とした3年間の支援
総論 高齢者ケア施設入職後3年間の若手看護師への教育支援の効果と課題 坪井桂子

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

まだレビューはありません。

レビューを投稿