0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

コミュニティケア 2014年2月号

194号(Vol.16,No.2)

  • A4変 80ページ (判型/ページ数)
  • 2014年02月発行
  • 978-4-8180-1802-0
本体価格(税抜): ¥1,200
定価(税込): ¥1,320
在庫: 品切 (コールセンターへお問合せ下さい)
カートに追加しました。
カートへ進む

特集1:

これで決断できた!

“複合型サービス”の開設

2012年度の介護報酬改定によって誕生した「複合型サービス」は、その必要性が認識されながら、事業所数は2013年11月末時点で93カ所にとどまっており、普及のスピードはゆるやかです。その原因には看護職の不足、施設用地確保の困難さ、保険者である市区町村の意識の違いなど、さまざまなものがあるようです。

本特集では、「総論」で齋藤訓子氏(日本看護協会常任理事)に複合型サービスの現状および明らかとなってきた課題、日本看護協会としての今後の活動を解説していただきます。続く「報告」では、複合型サービスを行っている事業所に、実際の活動から見えてきたサービスの効果、開設を決断した理由や開設に至るまでの経緯をご紹介いただきます。また併せて、2013年に複合型サービス事業所が誕生した3つの保険者(神奈川県川崎市・愛知県豊橋市・鳥取県米子市)に複合型サービスの位置づけや事業所開設を促進するための工夫などについて報告していただきます。

複合型サービスの新設から1年半を経た今、実際の運営から浮かび上がってきた効果と課題を検証し、その必要性をあらためて整理した上で、複合型サービス事業所開設のための“あと一押し”について考えます。

特集2:

訪問看護サミット2013・レポート

2013年11月10日(日)、住友不動産新宿グランドタワーにて、「創造! 2025年の訪問看護〜語ろう訪問看護のビジョン〜」をテーマに、日本訪問看護財団主催、日本看護協会・全国訪問看護事業協会の企画協力で「訪問看護サミット2013」が開催されました。

「講演」では国立社会保障・人口問題研究所所長の西村周三氏が「人口高齢化と少子化の近未来」「地域包括ケア」「訪問看護の革命」「健康寿命概念の転換」について、茨城県看護協会会長の村田昌子氏が複合型サービス事業所開設の経緯や現状について報告しました。

「リレートーク」では、ホームホスピス、介護ロボット、機能強化型訪問看護ステーション(仮称)構想、認知症の人への支援、といったさまざまなトピックから訪問看護のビジョンが示されました。

特集の最後には、サミットを企画した全国訪問看護事業協会・日本訪問看護財団・日本看護協会からそれぞれ推薦を受けた3人のナースに2025年の訪問看護の姿を考えていただき、その中でのご自身の役割について考えていただきました。


●特集 これで決断できた! “複合型サービス”の開設

〈総論〉
 複合型サービスの現状と普及への課題 齋藤訓子

〈報告1〉複合型サービス上村座(福岡県久留米市)
 ホームホスピスで得た信頼関係とともに複合型サービスでも地域に貢献 編集部

〈報告2〉複合型サービス事業所なごみ(北海道札幌市)
 サ高住に併設する複合型サービスの可能性 葛西千鶴子

〈報告3〉複合型サービスナーシングホーム岡上(神奈川県川崎市)
 フットワークのよいサービスで高齢者・介護者が望む生活を実現 林田菜緒美

〈報告4〉保険者の取り組み
 複合型サービス事業所開設への保険者側の働きかけ 神奈川県川崎市・愛知県豊橋市・鳥取県米子市


●第2特集 訪問看護サミット2013・レポート

〈メッセージ〉2025年に向けて“創造”すべき訪問看護とは 佐藤美穂子

〈講演1〉2025年の医療・看護・介護を考える 西村周三

〈講演2〉地域包括ケアの実現のために〜複合型サービスと訪問看護〜 村田昌子

〈リレートーク〉語ろう訪問看護のビジョン 木戸恵子・宮永敬市・齋藤訓子・宮崎和加子

〈オピニオン〉私が考える2025年の訪問看護 竹森志穂・森本広子・福井小紀子


●SERIES
 訪問看護師ががん患者になって考えた 死にゆく人に寄り添い支えること 川越博美
 解放に導く看護師の働き

 特別養護老人ホームでの“看護”の実践 山田理栄
 特別養護老人ホーム アルプス(岐阜県郡上市)
 ――多職種が一体となって入居者の思いに沿った“生活の支援”を行う

 事例で学ぼう! 訪問看護での“倫理” 杉谷藤子・川合政恵
「医師から納得できる説明を受けられない」と家族が不満を訴えた

 角田直枝の病院と地域を“看護”がつなぐ 角田直枝
 互いのノウハウを交換しよう

 支えられて〜訪問看護師がALS療養者になって 牛久保結紀
 “1年の終わり”に想うこと

 訪問の 合間に一句 詠んでみる 訪問看護“泣き笑い”川柳 小暮和歌子

 日本訪問看護財団からのお知らせ
 実践で感じた疑問を研究により解決してみませんか?
 ――「訪問看護等在宅ケア研究助成事業」のご案内 ほか

 全国訪問看護事業協会からのお知らせ
「精神科訪問看護ステーション情報交換会」を開催しました! ほか


●COLUMN
 ニュース手帳 編集部

 高齢者ケアの風景 甘利てる代
 農村のグループホームにあった“豊かさ”

 地域・在宅ケアの未来を拓く 看護師職能委員会Ⅱ 吉田敬子
〈岩手県看護協会〉やりがいを持って働き続けられる職能Ⅱ領域へ


●REPORT
 広がりを見せる新卒訪問看護師育成
 ――ケアプロ訪問看護ステーション東京の挑戦 宇田川廣美

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

まだレビューはありません。

レビューを投稿