0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

コミュニティケア 2014年4月号

196号(Vol.16,No.4)

  • A4変 80ページ (判型/ページ数)
  • 2014年04月発行
  • 978-4-8180-1804-4
本体価格(税抜): ¥1,200
定価(税込): ¥1,320
在庫: 品切 (コールセンターへお問合せ下さい)
カートに追加しました。
カートへ進む

特集1:

特養での看取りを見据えた意思決定支援

どこでどのように過ごして最期を迎えるか、どこまでの医療を望むのか。その意思決定においては、でき得る限り本人の意思を尊重することは当然ですが、入居者のほとんどが認知症である特養においては本人の意思を確認することが難しいケースが多々あります。

入居時に事前指示書をもらう特養も増えていますが、看取りを見据えたさまざまな選択をその指示書のみに頼るわけにはいきません。また、入居時に死を前提とした事前指示をもらうことは簡単なことではなく、入居後も本人・家族の意思や価値観は変化していくため、急変時などに備え、普段からコミュニケーションをとっておくことが大切になるのです。

「総論」では特養においてどのような場面で意思決定が求められるのか、そしてそこでの看護職の役割とは何かを明らかにし、「解説」では本人の意思決定能力が低下した場合に特に重要になるアドバンス・ケア・プランニングの考え方について解説します。続く「報告」では、本人の意思を尊重した意思決定支援のために、入居時から看取り期までどのような工夫を行っているかを3つの特養の現場から報告していただきます。

これから、ますます看取りの役割が期待される特養の看護職の皆さんに、ぜひとも知っておいていただきたい情報が満載です。

特集2:

在宅看護専門看護師が展望する“地域包括ケア”

“地域包括ケア元年”ともいわれる2012年、第1号となる6人の在宅看護専門看護師が誕生しました。在宅看護専門看護師は、水準の高い看護を提供するために、在宅看護における新たなケアシステムを構築し、既存のケアサービスを連携・促進していく役割が求められます。つまり、地域包括ケアシステムの実現に当たって大いに活躍が期待される看護師であると言っても過言ではありません。

第2特集では、東京で活動を展開する3人の在宅看護専門看護師に「座談会」で、滋賀・兵庫・宮崎をそれぞれ拠点として活動する3人の在宅看護専門看護師には「報告と展望」で、在宅看護専門看護師をめざしたきっかけや現在までの取り組み、地域包括ケアで求められる在宅看護専門看護師の役割、そして各地域の特性に応じた地域包括ケアを、先駆者の目線で語っていただきました。


●特集 特養での看取りを見据えた意思決定支援

〈総論〉特養での看取りを見据えたコミュニケーション 戸谷幸佳

〈解説〉特養の看護職が知っておくべきアドバンス・ケア・プランニング 西川満則

〈報告1〉特別養護老人ホームこもれび(静岡市)
     コミュニケーションが鍵となる意思決定への支援 依田史枝

〈報告2〉特別養護老人ホーム白寿苑(大阪市)
    「センター方式」によるアセスメントを意思決定支援に生かす 山内恵美

〈報告3〉特別養護老人ホームしらふじ(宮崎市)
     入居者の意思・価値観を尊重した看取りを 浜砂貴美子


●第2特集 在宅看護専門看護師が展望する“地域包括ケア”

〈座談会〉乳児から高齢者まで地域全体を支える“在宅看護”の力 佐藤直子・平原優美・宮本千恵美

〈報告と展望1〉訪問看護ステーションヴォーリズ(滋賀県近江八幡市)
     地域の基幹的な役割を果たして在宅緩和ケアを推進したい 田村恵

〈報告と展望2〉明石市医師会訪問看護ステーション(兵庫県明石市)
     “人間力”を身につけて専門性を発揮していきたい 田川由香

〈報告と展望3〉古賀総合病院(宮崎市)
     地域医療連携室で生かす在宅看護専門看護師の力 長内さゆり


●SERIES

 特別養護老人ホームでの“看護”の実践 片山幸男
  特別養護老人ホーム梅本の里(愛媛県松山市)——笑顔あふれる“終のすみか”をつくるために

 私たち、訪問看護認定看護師です!
  自らがロールモデルとなり現場をリードしていく 鈴木志律江
  チームの要にふさわしい訪問看護師を育てる 安井香代

 角田直枝の病院と地域を“看護”がつなぐ 角田直枝
  地域ケアは“秘密じゃない”県民ショー

 支えられて〜訪問看護師がALS療養者になって 牛久保結紀
  大雪で大混乱

 訪問の 合間に一句 詠んでみる 訪問看護“泣き笑い”川柳 小牧実千代

 訪問看護師ががん患者になって考えた 死にゆく人に寄り添い支えること 川越 博美
  美しい死

 日本訪問看護財団からのお知らせ
  本財団は設立20周年を迎えます――20周年記念事業と2014年度の取り組み ほか

 全国訪問看護事業協会からのお知らせ
  平成26年度全国訪問看護事業協会の事業について ほか


●COLUMN

 ニュース手帳 編集部

 高齢者ケアの風景 甘利てる代
  東日本大震災で流出した特養が再スタート〜「マリンホーム」の新たな挑戦〜

 地域・在宅ケアの未来を拓く 看護師職能委員会Ⅱ 廣瀬喜代子
  〈香川県看護協会〉看護師職能委員会Ⅱは施設で働く看護職を応援しています!


●特別寄稿
 特別養護老人ホームにおけるショートステイ利用者へのケア上の課題と対策 浅井恵理 ほか

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

まだレビューはありません。

レビューを投稿