0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

コミュニティケア 2014年6月号

198号(Vol.16,No.6)

  • A4変 80ページ (判型/ページ数)
  • 2014年06月発行
  • 978-4-8180-1806-8
本体価格(税抜): ¥1,200
定価(税込): ¥1,320
在庫: 品切 (コールセンターへお問合せ下さい)
カートに追加しました。
カートへ進む

特集1:

“機能強化型”創設で待ったナシ!

訪問看護ステーションの大規模化

2014年度診療報酬改定で「機能強化型訪問看護ステーション」が創設されました。これは「在宅医療を推進するため、24時間対応、ターミナルケア、重症度の高い患者の受け入れ、居宅介護支援事業所の設置等、機能の高い訪問看護ステーション」が評価されたもので、さらに「地域住民等に対する情報提供や相談、人材育成のための研修を実施していることが望ましい」とされています。

機能強化型訪問看護ステーションに求められている役割を実現するためには、やはり、ステーションが“大規模化”して、その結果“多機能”を持つことが必要です。団塊の世代が75歳以上になる2025年に向けて地域包括ケアシステムの構築が進む中、この訪問看護ステーションの大規模化は、今や“待ったナシ”の状況になってきたといえるでしょう。

そこで、本特集では“座談会”において、機能強化型訪問看護ステーションの算定要件等を確認した上で、大規模訪問看護ステーションの役割を“多機能化”の視点で整理し、そして、地域包括ケアシステム構築の中での訪問看護ステーションのあるべき姿について語っていただきます。

さらに“報告”では、「助言・相談機能」「教育・研修機能」「情報拠点機能」の3つの機能を実践した平成25年度老人保健健康増進等事業「訪問看護ステーションの多機能化に向けたモデル事業」に参加した3つのステーション管理者に、モデル事業での取り組みの実際と今後の展開について発信していただき、「訪問看護ステーションの大規模化」が求められる理由を明らかにしていきます。

特集2:

地域を“元気”にするナース

“看護”の枠に留まらず、“看護”の視点を生かして地域を元気にするナースが誕生しています。

第2特集では、高齢者も障がい児・者も、そして医療依存度の高い方であっても受け入れられるように看護師が24時間常駐する単独型ショートステイを開設した原田典子さん、“地域”で看護・介護の相談もできる交流の場を提供するためにカフェを始めた中島朋子さん、地域住民の健康づくりのためにノルディックウォーキング教室を開催している大田千賀子さん、そして生命の危険状態にある困窮者への相談・支援のための相談室を立ち上げた吉村友美さんに、活動のきっかけやその実際を報告していただきます。

活動はそれぞれ異なっていても、すべて地域住民への思いから生まれた取り組み。地域住民に寄り添うからこそ、見えてくるニーズがあります。あなたの地域は元気ですか? 今、あらためて地域を見つめてみてはいかがでしょうか。


●特集 “機能強化型”創設で待ったナシ! 訪問看護ステーションの大規模化

〈座談会〉訪問看護ステーションと地域包括ケアシステムの未来
  柏木聖代・木下朋雄・髙砂裕子・山下いづみ

〈報告1〉訪問看護ステーションはーと(東京都葛飾区)
  地域包括ケアの“要”となるために重要な5つの機能 木戸恵子

〈報告2〉聖隷訪問看護ステーション千本(静岡県沼津市)
  大規模ステーションだからできることがある 櫻井悦子

〈報告3〉大分豊寿苑訪問看護ステーション(大分県大分市)
  地域に必要な機能を見いだして実行する力を身につけていきたい 佐々木真理子


●第2特集 地域を“元気”にするナース

〈報告1〉コミュニティプレイス 生きいき(山口県防府市)
  看護師が24時間常駐するショートステイにかける“想い” 編集部

〈報告2〉ふらっとカフェ(東京都東久留米市)
  地域を支える温かいよりどころとして 編集部

〈報告3〉ノルディックウォーキング クラブサンタクロース(滋賀県守山市)
  ノルディックウォーキングで“元気”&“ハッピー”に 大田千賀子

〈報告4〉困窮者総合相談支援室Hippo.(大阪府大阪市)
  困難を抱えた人々がその人らしく生きることを支える 吉村友美


●SERIES
〈最終回〉日野原重明の“一緒に学ぶケアカンファレンス”
  ケアカンファレンスのあるべき姿を示した10年間

  特別養護老人ホームでの“看護”の実践 依本正恵
  特別養護老人ホーム西円山敬樹園(北海道札幌市)
  ――論理的な現状分析と戦略で実現する温かいケア

 私たち、訪問看護認定看護師です!
  自分の身につけた知識と技術をどんどん活用してもらいたい 安部美保
  「講義+現場での看護」から大きな気づきを得て 村田直子

 角田直枝の病院と地域を“看護”がつなぐ 角田直枝
  “びびる”看護部長と“笑う”ステーション管理者

 支えられて〜訪問看護師がALS療養者になって 牛久保結紀
  自宅でうれしい、初めての“お茶会”

 訪問の 合間に一句 詠んでみる 訪問看護“泣き笑い”川柳 鈴木朋子

 訪問看護師ががん患者になって考えた 死にゆく人に寄り添い支えること 川越博美
  義母を家で看取る――私の介護経験

 日本訪問看護財団からのお知らせ
  2014年度診療報酬改定のポイント!
  ――介護報酬は消費税率8%への引き上げに伴う改定 ほか

 全国訪問看護事業協会からのお知らせ
  在宅における喀痰吸引等連携ツール Ver.2のご紹介 ほか


●COLUMN
 ニュース手帳 編集部

 高齢者ケアの風景 甘利てる代
  コミュニティカフェで地域とつながる 〜カフェおとなりさん〜

 地域・在宅ケアの未来を拓く 看護師職能委員会Ⅱ 油谷洋子
  〈奈良県看護協会〉病院と在宅・福祉施設の切れ目のない連携を

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

まだレビューはありません。

レビューを投稿