0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

コミュニティケア 2014年11月臨時増刊号

205号(Vol.16,No.13)

  • A4変 112ページ (判型/ページ数)
  • 2014年11月発行
  • 978-4-8180-1813-6
本体価格(税抜): ¥1,600
定価(税込): ¥1,760
在庫: 絶版
カートに追加しました。
カートへ進む

特集1:

認知症・小児・精神看護に役立つ! 手で“触れて”痛み苦しみを緩和する

はじめてのタクティール(R)ケア

今、病院完結型医療から地域完結型医療へのパラダイムシフトが進む中、求められているのは、単に病気を治療する医療・看護ではなく、QOLの維持・向上をめざす医療・看護です。

その大きな助けとなるケアの1つが、スウェーデン生まれの「手で“触れる”ケア」、タクティールケア。認知症の人たちのQOL維持・向上に大きな効果を発揮するタクティールケアは、2006年から日本での教育・普及活動が始まり、現在では病院・施設等に導入されて、認知症だけでなく、さまざまな患者・利用者、そして家族に穏やかな安心感を提供しています。

本誌では、第1章で認知症看護に詳しく、タクティールケアの効果に早くから着目していた浜松医科大学看護学部の鈴木みずえさんがタクティールケアの意義を語り、第2章では自院でタクティールケアを導入している2人の医師がタクティールケアの可能性について解説。第3章では本誌総監修者の木本明恵さんがタクティールケアの基礎知識を詳説し、第4章では病院・施設などの実践者による導入事例が報告されます。また、手を用いたケアの有用性を提唱している川島みどりさんにもご寄稿いただきました。

タクティールケアは、すぐにその場で実践できて、患者・利用者の喜ぶ顔を見ることができる、まさに“看護の原点”を振り返ることのできるケアです。多くの看護職の皆さんが、タクティールケアにチャレンジしていただくことを期待しています。


●グラフ
 タクティールケアで実現するいきいきライフ──株式会社サンハート
  介護付き有料老人ホーム「SILVER SUPPORT コスモス」

●ダイジェスト版 背中・手・足のタクティールケア

●第1章 タクティールケアの意義
 タクティールケアで地域・在宅のナースができること 鈴木みずえ

●第2章 “医師から見たタクティールケアの可能性
 難病や障害を持つ子どもへのケアにおけるタクティールケアの可能性 大藤佳子
 認知症ケアにおけるタクティールケアの意義と展開 市原綾子

●第3章 タクティールケアの基礎知識
 タクティールケアの基礎知識 木本明恵
   〈Column〉シルヴィアホームと認知症緩和ケア理念
   背中・手・足のタクティールケアの手技
   腹部・顔・頭のタクティールケア

●第4章 タクティールケアを実践してみて
 小児科での実践
  タクティールケアで重症児たちがリラックスできる 吉野友美

 精神科病棟での実践
  タクティールケアは“身体的接触”のコミュニケーション技法 藤本三四子

 精神科訪問看護での実践
  タクティールケアでその人本来の穏やかさが戻った 浮島和代

 訪問看護ステーションでの実践Ⅰ
  信頼関係を築き、症状緩和を行うための強い味方 青木容子

 訪問看護ステーションでの実践Ⅱ
  タクティールケアを通して看護の原点を伝えていく 奥田資子

 訪問看護ステーションでの実践Ⅲ
  訪問リハビリテーションに効果的な誰でもどこでも使えるケア 髙須賀知恵子

 高齢者ケア施設での実践Ⅰ
  認知症緩和ケア理念に基づいた1つの手法として 中村智子

 高齢者ケア施設での実践Ⅱ
  人として“触れ合い”を大切にしてケアに当たる 緒方綾

 グループインタビュー
  利用者だけでなく、スタッフたちをも変えた“触れる”ケア
   ──愛の家グループホーム八百島の「大改革」 木俣吉香、菅﨑美鳥、中倉洋美

●特別寄稿
 ケアにおける“手”の有用性 川島みどり

●タクティールケア・認知症緩和ケア理念 講座受講ガイド

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

まだレビューはありません。

レビューを投稿