0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

看護 2015年10月号 (Vol.67, No.12)

  • A4変 112ページ (判型/ページ数)
  • 2015年09月発行
関連カテゴリ
本体価格(税抜): ¥1,400
定価(税込): ¥1,540
カートに追加しました。
カートへ進む

特集1:

「看護師等免許保持者の届出制度」始まる!

みんなで取り組む看護職復職支援

「看護師等の人材確保の促進に関する法律」の一部改正により、2015年10月1日より、看護職員が病院等を離職した場合や免許取得後に直ちに就業しない場合、都道府県ナースセンターに届け出ることは努力義務となります。本制度の創設には、少子高齢化が進む中、看護職員の不足が予測されており、効率的かつ質の高い医療を提供し続けるために看護師の確保が必要であるという背景があります。

特集1では同制度の必要性や仕組みを解説。さらに、復職支援に積極的に取り組む、ナースセンターや病院などから、その実際の活動例を報告していただきます。

特集2:

“カフェ”活動で対話の場づくりを

喫茶店のようなリラックスできる場所に住民・患者や医療職などが集い、健康・医療・介護等について自由に情報交換を行うイベント、通称“カフェ”と呼ばれる活動が広がっています。参加者同士が立場を越えて同じ目線で対話することで、住民・患者のヘルスリテラシー向上や「病院に行くほどではないが相談したい」といったニーズへの対応、医療者側の患者への理解が深まるなどの効果があり、さらには地域の課題を解決するヒントが得られる場としても期待できます。

特集2では、看護職が主催するさまざまな形式の“カフェ”活動を紹介し、その意義や看護職も含めた参加者への効果などを考えます。


◆特集1「看護師等免許保持者の届出制度」始まる! みんなで取り組む看護職復職支援

 [メッセージ1] 看護師等免許保持者の届出制度の重要性 勝又 浜子

 [メッセージ2] 2025年に向けて看護職員に期待すること 笹子 宗一郎

 [解説] 復職支援におけるナースセンターの役割の拡大 看護師等の届出サイト「とどけるん」を中心にして
    橋本 美穂、安達 暁子

 [ナースセンターからの報告1] 岡山県独自の登録制度運営2年間の成果と課題 八木 良子

 [病院からの報告1] 退職時の登録への支援とともに復職希望者に選ばれる病院づくりをめざす 槌田 洋子

 [ナースセンターからの報告2] ナースセンターに登録された離職看護師等に対する就業支援のあり方 廣島 博美

 [病院からの報告2] 就業継続への細やかな配慮と復職のハードルを乗り越えるための支援 秋山 みつえ

 [ナースセンターからの報告3] 看護職であり続けられるように施設と協働しながら支援する  清水 しほり

 [地区支部からの報告] 行政・ナースセンターと連携し開催する地区支部独自の看護職就職説明会の取り組み 角田 千春


◆特集2 “カフェ”活動で対話の場づくりを

 [報告1 認知症カフェ「トマリギ」] 認知症になっても生きている喜びが実感できる場所づくりを 里 裕一

 [報告2 介護のみのり♥カフェ]「住民」と「専門職」向けの昼夜展開で地域の絆を深めていく 木戸 恵子

 [報告3 みんくるcaféイズモ] 市民を主人公に地域の課題を解決する“新しい健康づくり”を展開 矢田 明子

 [メッセージ] 患者-医療者の壁を越えたフラットな対話の場づくりを 孫 大輔


◆JNA/日本看護協会
 ・会長の手帳 坂本 すが
 ・副会長活動ダイジェスト 菊池 令子、大久保 清子、真田 弘美
 ・専務理事からのワークリポート 井伊 久美子
 ・常任理事のマンスリー通信 洪 愛子、齋藤 訓子、福井 トシ子、中板 育美、川本 利恵子 、勝又 浜子
 ・TOPICS 72時間要件-診療報酬における入院基本料の算定要件について- 福井 トシ子、高島 尚子
       72時間要件-夜勤労働の負担軽減をめざして- 奥村 元子
 ・都道府県看護協会事業だより 青森県 大鰐 恭子
 ・看護研修学校の窓から  認定看護師教育課程オープンキャンパス 岸 由香里
 ・ICNの動き 鈴木 恵巨


◆JNA INFORMATION
 ・平成27年度 日本看護協会教育計画
 ・第46回日本看護学会 論文投稿のご案内
 ・都道府県看護協会ナースセンター研修・イベント情報


◆連載
 ・GRAPH すべての妊産婦と赤ちゃんに助産師のケアを
  第11回ICMアジア太平洋地域会議・助産学術集会 inパシフィコ横浜
  第45回ナイチンゲール記章が惣万佳代子氏、山田里津氏に

 ・WHO NEWS
  兵庫県立大学地域ケア開発研究所・WHO看護協力センター

 ・厚生労働省審議官に聞く! 今、知っておきたい“行政の動き”(5) 川中 淑恵さん

 ・みっちゃんの 気になる“ことのは”(7)
  データヘルス(前編) 中島 美津子

 ・医療行政なるほど塾
  社会保障費の伸び今後3年で1.5兆円に抑える政府が「骨太の方針」2015を決定 「社会保険旬報」編集部

 ・医療安全TOPICS(61)
  医療事故・訴訟等関連情報」月報(4〜6月)から 平林 明美

 ・このひと月 大日方 公男

 ・スザンヌ・ゴードンのアメリカ医療・看護 最新事情(68)SeasonⅡ
  患者数増大で脅かされる適切な医療提供と安全 スザンヌ・ゴードン


◆短期連載
 ・そのデータから何が見える? 経済学の視点から「看護職員需給見通し」を読んでみよう!④
  地域によって異なる看護職員の不足改善の実態 角田 由佳

◆特別寄稿
 ・やりがい、生きがいのある看護師の新しい働き方
  〜看護師が主体となって行う地域や企業の慢性疾患管理〜 後藤 瑞枝、加澤 佳奈、中島 美津子、森山 美知子

◆NEWS FLASH
 ・第1回「がん哲学外来ナース部会公開シンポジウム」開催

◆SPECIAL BOOK GUIDE
 ・病院で働く みんなの医療安全

◆コラム
 ・JVNF INFORMATION
 ・今月のおすすめBOOKS+

カテゴリ一覧

ページトップへ