0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

看護論

定義およびその実践、研究、教育との関連

25年後の追記を添えて

  • ヴァージニア・ヘンダーソン 著   湯槇ます、小玉香津子 訳
  • A5 144ページ (判型/ページ数)
  • 2017年10月発行
  • 978-4-8180-2063-4
本体価格(税抜): ¥1,800
定価(税込): ¥1,980
在庫: 有り
数量:
カートに追加しました。
カートへ進む

半世紀以上も読み継がれてきた看護クラシックスの名著、23年ぶりに新装に!

  
『看護の基本となるもの』の続編ともいえる本書では、ヘンダーソン看護論の概念が形成されていく過程が明らかにされ、そしてその概念が看護実践、研究、教育にどのように関連するのかが実際的に示されています。彼女が言及した事柄が、半世紀を経て古びるどころか、現代の課題になっているという、その先見性に驚くばかりです。


Ⅰ 看護の定義を求めて
Ⅱ 私の看護の概念の形成過程
Ⅲ 看護の概念と看護実践
Ⅳ 看護の概念と看護研究
Ⅴ 看護の概念と看護教育
 1 学校の組織機構
 2 学生の選考
 3 臨床教師陣の選択
 4 設備と資源
 5 カリキュラム、内容およびデザイン
 6 教授方法
 7 要 約
付記:看護のための図書館トゥール

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

まだレビューはありません。

レビューを投稿


関連商品

看護の基本となるもの

Basic Principles of Nursing Care

  • ヴァージニア・ヘンダーソン 著  湯槇ます・小玉香津子 訳
  • A5 96ページ (判型/ページ数)
  • 2016年12月発行
  • 978-4-8180-1996-6

定価(税込): ¥1,320

本体価格(税抜): ¥1,200


基本的看護を構成する諸活動を14項目に分類し、人間の基本的欲求に影響を与える条件と関連づけ、看護がヘルスケアの中で果たすべき役割を記した、すべての看護師必読の書。