0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

看護管理学習テキスト 第2版

看護情報管理論 (2018年度刷)

第5巻

  • 監修: 井部俊子/中西睦子 編集: 上泉和子/太田勝正
  • B5 228ページ (判型/ページ数)
  • 2018年04月発行
  • 978-4-8180-2115-0
本体価格(税抜): ¥2,300
定価(税込): ¥2,530
在庫: 絶版
カートに追加しました。
カートへ進む

日常的に取り扱うデータや情報についてよりわかりやすく解説,日々のマネジメントに活用できます!

看護領域で扱う情報のとらえ方,倫理的な取り扱い方から,看護必要度や電子カルテの情報のマネジメントへの活用,看護研究への活かし方,管理システムの構築・体制づくりまで,身近な情報をどう実践に役立てればよいかがわかる内容構成。むずかしく思われがちな内容を簡潔に,よりわかりやすく解説しました。


第1章 看護と情報
 概要:看護の情報をどのようにとらえたらよいか
 論点1:看護情報学とは  
 論点2:看護における情報のとらえ方
 論点3:看護情報の取り扱いに関する倫理的側面
 討論:情報共有における課題について
 
第2章 看護実践に活かす情報のあり方
 概要:看護実践に活かす情報の蓄積
 論点1:看護情報の分類とコード化
 論点2:EBNのためのデータ収集と活用
 論点3:臨床現場の看護情報の特徴と活用
 討論:看護用語の標準化をどのように進めるか

第3章 看護管理を支援する情報技術
 概要:医療情報に必要な要素とは
 論点1:看護部の理念作成と看護管理者の基本方針決定・目標設定への情報活用
 論点2:人材育成における情報活用
 論点3:看護管理のための情報提供システム
 論点4:看護サービス変革のための情報活用とマネジメント
 論点5:病院・看護の管理システム構築・運営と情報活用
 討論:システム導入に向けた体制づくりと看護管理者の取り組み

第4章 看護情報学から見た看護の将来
 概要:看護情報学から見た看護の将来
 論点1:看護情報分野における先駆的活動
 論点2:医療・看護情報システムの看護における活用
 論点3:日本看護協会のインターネット・サービス

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

まだレビューはありません。

レビューを投稿