0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

看護師の倫理調整力

専門看護師の実践に学ぶ

  • 鶴若麻理 長瀬雅子 編
  • A5 144ページ (判型/ページ数)
  • 2018年05月発行
  • 978-4-8180-2107-5
本体価格(税抜): ¥1,600
定価(税込): ¥1,760
在庫: 有り
数量:
カートに追加しました。
カートへ進む

複雑化、多様化する臨床現場に溢れる倫理的課題に、医療者はどう対応するか? 専門看護師(CNS)による「倫理調整」実践事例をもとに考察!

  
臨床現場において、医療者は常に倫理的課題に直面する。そうした課題とどう向き合えばよいのか。本書ではその考察の糸口として、専門看護師(CNS)の役割の一つである「倫理調整」に注目する。「倫理調整」として行った実践事例を、CNS自身が紹介。そのリアルで具体的な思考プロセス、患者(当事者)と彼らを取り巻く人々へのアプローチを辿ることによって、日常の臨床においておぼえる「違和感」が倫理的課題とどう関連しているのか、また、医療者はそれらとどう向き合っていくのか、そのヒントが見えてくる。


第1章 「倫理調整」とは何か
1 なぜ臨床の倫理を考えるのか
2 臨床で倫理を考えるための視点
3 用語としての「倫理調整」

第2章 実践事例から
①意思決定、②代理意思決定、③専門職の倫理、④虐待および患者(胎児も含む)の自由や命、⑤公益性をテーマとした、11領域(がん看護/慢性疾患看護/精神看護/急性・重症患者看護/小児看護/在宅看護/母性看護/老人看護/家族支援/感染症看護/地域看護)の専門看護師(CNS)による「倫理調整」実践事例

第3章 調整が必要とされる倫理とは何か
1 CNSによる「倫理調整」とはどのような実践か
倫理的課題を認知するきっかけ/「倫理調整」という実践プロセス/「倫理調整」とは何を意味しているのか
2 倫理的実践へ向けて
看護職が倫理的実践を行う上でのヒント/「倫理調整」という実践の課題と展望

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ★★★★★ (2)

  • 2020/06/26 読者ハガキ(匿名) さん ★★★★★

    CNSの“倫理調整”という役割が明確に理解できる内容だった

    倫理調整における介入の視点を事例を通して学び、実践の言語化に活かせる内容だった。

  • 2020/04/23 読者ハガキ(Nさん) さん ★★★★☆

    CNSが行う倫理調整について、事例を通して確認できた

    CNSを目指す者として、事例の展開の仕方や考え方の視点が図で表示されていてわかりやすかった。これは使える!!と思いました。

レビューを投稿


関連商品

看護実践の倫理 第3版

Ethics in Nursing Practice   A Guide to Ethical Decision Making Third Edition

倫理的意思決定のためのガイド

  • サラ T. フライ メガン-ジェーン・ジョンストン 著 片田 範子・山本あい子 訳
  • A5変 304ページ (判型/ページ数)
  • 2010年04月発行
  • 978-4-8180-1512-8

定価(税込): ¥2,420

本体価格(税抜): ¥2,200


ICNが誇る世界標準テキスト。5年ぶりの改訂・改訳で、さらに読みやすく、わかりやすくなりました。「意思決定モデル」を駆使して倫理問題解決への道筋を提示します。