0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

看護倫理を考える言葉

  • 小西恵美子 著
  • A5 108ページ (判型/ページ数)
  • 2018年12月発行
  • 978-4-8180-2137-2
本体価格(税抜): ¥1,600
定価(税込): ¥1,760
在庫: 有り
数量:
カートに追加しました。
カートへ進む

様々な人が発した言葉を看護職の目線で語る

   
看護倫理とは、広い意味では、社会のあらゆる倫理的な問題を看護の立ち位置で考え、発言することである (メガン・ジェーン・ジョンストン)

本書は、看護職や患者が語った言葉、本や講演などで出会った言葉、あるいは社会の出来事を報じた新聞やテレビなどの言葉に光を当て、その文脈や背景に流れる看護倫理を考えました。


01
娘ひとりだったので、大事に大事に育ててきた。何もわからない“子ども”なんです。
彼女に事実を話したら、きっとショックで生きていけなくなるでしょう。

02
倫理原則は、社会の成員が一般に共有している道徳性を源としている
                
03
倫理は理性-感情-直感-人生経験のコラボレーション
                     
04
看護師が看護師らしく考えることをしなければ、患者の表面的な自己決定に寄り添うことになってしまう
                 
05
被ばくが怖い。配膳・下膳は先生がやってください

06
プラスの中にマイナスがある

07
マイナスの中にもプラスがある                  

08
私は患者を守ろうとしているだけ、よい看護師なら皆そうします。
私に手錠? 痛い! 誰か助けて!
     
09
ルーチン化により、病院独特の正常概念がつくりだされる
              
10
ナースは独自の倫理的分析が必要である

(残り20の言葉は本書を読んでお確かめください)           


カテゴリ一覧

ページトップへ