0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

フロレンス・ナイティンゲール

看護覚え書き (新装版)

本当の看護とそうでない看護

  • フロレンス・ナイティンゲール 著 小玉香津子・尾田葉子 訳
  • A5 180ページ (判型/ページ数)
  • 2019年10月発行
  • 978-4-8180-2214-0
本体価格(税抜): ¥1,500
定価(税込): ¥1,650
在庫: 有り
数量:
カートに追加しました。
カートへ進む

ナイティンゲール生誕200周年に際し、デザインをリニューアル!

ナイティンゲールの代表的著作であり、その完全性を著者自身が明言した、“Notes on Nursing”初版本(1859年刊行)の全訳です。
医学とは別の看護というはたらきを、歴史上はじめて言葉にした本書は、世界中で読み継がれており、看護の実践と教育と研究を刺激し続けています。
2020年の著者生誕200周年に際し、デザインをリニューアルしました。


I 換気と加温
II 家屋の健康
III ちょっとした管理
IV 物音
V 変化のあること
VI 食事
VII どんな食べ物を?
VIII ベッドと寝具
IX 光
X 部屋と壁の清潔
XI 身体の清潔
XII 希望や助言を気楽に言う
XIII 病人の観察
結論
付録

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ★★★★★ (6)

  • 2020/06/26 読者ハガキ(匿名) さん ★★★★★

    現実味があって看護師や看護について学ぶことができた

    最初から最後まで全て読みました。看護学生としてこれから看護師を目指す上で「本当の看護」とは何か、がよくわかる本でした

  • 2020/06/26 読者ハガキ(匿名) さん ★★★★★

    100年以上も前の作品だが、読み易く訳されていた

    現代に通じることがあまりにも多くて驚かされ、ナイチンゲールに襟を正されているような気がした。今年はコロナウイルスの影響で医療現場が大変だが、現状を彼女はどうみるだろうか?生誕200周年とうことにも運命を感じる。

  • 2020/06/26 読者ハガキ(匿名) さん ★★★★★

    課題として読みましたが多くの学びを得られました

    看護学概論の課題として読みましたが、多くの学びを得られました。
    看護師としての一番基本となることを、本書を通して学ぶことができました。今後も、初心を忘れずに都度読み返していきたいと思います。

  • 2020/06/26 読者ハガキ(匿名) さん ★★★★☆

    いろいろ考えることができた

    言いまわしが難しく感じるところもありましたが、いろいろ考えることができました。

  • 2020/06/26 読者ハガキ(匿名) さん ★★★★★

    期待以上でした

    読みやすかったです。

レビューを投稿