0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

Nursing Today ブックレット ・02

無痛分娩と日本人 NEW

  • 田辺けい子 執筆
  • A5 64ページ (判型/ページ数)
  • 2019年10月発行
  • 978-4-8180-2212-6
関連カテゴリ
本体価格(税抜): ¥750
定価(税込): ¥825
在庫: 有り
数量:
カートに追加しました。
カートへ進む

無痛分娩において、「助産」の専門性は発揮されているのか/しうるのか。

日本においても増加傾向にある無痛分娩。一方で、「出産に伴う痛み」を回避することへの忌避、「自然」な出産をよしとする価値観は根強く存在します。無痛分娩に向けられるまなざしは、出産の痛みや女性、女性の身体に対する日本人の考え方や文化を映し出しているともいえます。本書では、著者の研究成果をもとに、さまざまな立場の当事者の言説も織り交ぜつつ、無痛分娩の現場を丁寧に描き出すことで、それらを読み解くとともに、これからの医療やケア、家族のあり方などを考察します。医療がご専門でない方にもおすすめです。


日本における無痛分娩の歴史と現状
さまざまな立場にある当事者の言説
無痛分娩――助産師はいかにかかわるべきか

【コラム】
医学と宗教の抵抗――人の「痛みから解放されたい」欲求の勝利
無痛分娩における産婦の新たな主体性の立ち上がり――助産師の価値観とのズレ
無痛分娩看護マニュアル―無痛分娩における助産は看護に包含されうるのか
パルトグラムの活用――「無痛分娩の多職種連携」をかたちにしてみませんか

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

まだレビューはありません。

レビューを投稿


関連商品

  • 小泉俊三・井部俊子 執筆
  • A5 48ページ (判型/ページ数)
  • 2019年06月発行
  • 978-4-8180-2192-1

定価(税込): ¥770

本体価格(税抜): ¥700


本当に必要な医療を受けるために、患者の「賢い選択──Choosing Wisely」を支える看護職の役割とは?