0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

シリーズ【看護の知】・04

「いつもと違う」と感じ、思わず行う行為は実践の知なのか NEW

  • 大谷則子  著
  • A5 168ページ (判型/ページ数)
  • 2020年06月発行
  • 978-4-8180-2264-5
本体価格(税抜): ¥2,400
定価(税込): ¥2,640
在庫: 有り
数量:
カートに追加しました。
カートへ進む

日々の臨床の場は、たくさんの小さな看護の知であふれている!

看護師ならば誰もが、患者の様子になんとなく「いつもと違う」と感じ、それと同時に、状況を詳細に精査し判断するまでもなく、最善を目指して思わず行動したことがあるだろう。その行為には「その看護師固有の知が埋め込まれている」と考えた著者は、実践の「知」をめぐる探究を始め、確信を得た──看護の知はEBNだけではない。日々の実践の中に、自分でも気づかないようなたくさんの小さな知が集積しているのだと。


Ⅰ プロローグ──「いつもと違う」と感じ、思わず行う看護行為を探究する
Ⅱ 6人の看護師の「いつもと違う」と感じ、思わず行う看護行為の記述
Ⅲ 日常の看護行為に内在する実践の知
Ⅳ 「いつもと違う」と感じ、思わず行う看護行為に内在する実践の知を読み解く
Ⅴ 「いつもと違う」と感じ、思わず行う看護行為に内在する実践の知に特徴的な要素
Ⅵ 「いつもと違う」と感じ、思わず行う看護行為に内在する実践の知の発展

Appendix[付記]
Ⅰ 研究の具体的な方法
Ⅱ データ解釈における「行為的直観」の援用

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

まだレビューはありません。

レビューを投稿


関連商品

シリーズ【看護の知】

しびれている身体で生きる

  • 坂井志織 著
  • A5 264ページ (判型/ページ数)
  • 2019年06月発行
  • 978-4-8180-2193-8

定価(税込): ¥3,300

本体価格(税抜): ¥3,000


患者の身体経験を詳細に記述する現象学的アプローチを通して、他者からの理解を得にくい「しびれ」に伴う苦悩のありように迫る。

  • 蛭田明子 著
  • A5 176ページ (判型/ページ数)
  • 2017年08月発行
  • 978-4-8180-2056-6

定価(税込): ¥2,640

本体価格(税抜): ¥2,400


死産や新生児死亡を経験した女性の語りを通して、これまで浮き彫りにされてこなかった女性の本当の想いを知ることで、医療者に求められる有用な支援は何かを考えます。

  • 島田多佳子 著
  • A5 232ページ (判型/ページ数)
  • 2017年10月発行
  • 978-4-8180-2062-7

定価(税込): ¥3,080

本体価格(税抜): ¥2,800


これまで当事者の視点で探求されてこなかった患者の「気持ちいい」体験を、患者の語りを通して本人の視点でとらえ直すことで、病いをもつ患者へのケアのあり方を考えます。