0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

ナースの働き方相談室 NEW

-看護部も経営者も気になるQ&A25

  • 竹中君夫 著
  • A5 228ページ (判型/ページ数)
  • 2020年07月発行
  • 978-4-8180-2270-6
本体価格(税抜): ¥2,500
定価(税込): ¥2,750
在庫: 有り
数量:
カートに追加しました。
カートへ進む

「ナースの働き方」に関する現場の悩みやギモンに、現役の病院人事担当者がお答えします!

「働き方改革」が推進される一方で、「ナースの働き方」にまつわる課題は尽きることがありません。本書では、看護管理者・スタッフナース・病院の人事担当者・行政の看護職確保担当者・教員など、さまざまな現場で日々、奮闘している皆さんのリアルな悩みやギモンに、現役の病院人事担当者が回答します。


はじめに

《プロローグ》
こんなのおかしい! 私は怒っている!―〝現場〟から寄せられた生の声
◆〝現場〟から届いた「怒り・不安・嘆き」
Q01 どうして自分勝手な人が得をするの?
Q02 1年契約のナースが冷遇されていいの?
Q03 こんなに大変なのに、どうして夜勤手当が出ないの?
Q04 「ナースが大変!」って本当なの?
Q05 ナース不足というけど、大騒ぎしすぎでは?


《part1》
意識しておきたい年代別ピラミッド―組織の土台を強くする
◆就職・転職に関連する相談
Q06 職場の雰囲気を知るにはどうすればいいですか?
Q07 どうしてすぐに辞めてしまうの?
Q08 就職するのが不安なんです。
Q09 奨学金制度って、実際のところどうなんでしょうか?
Q10 本当の離職理由を知るにはどうすればいいですか?
◆年代別ピラミッドを意識する―35歳定年はマズイ!
Q11 働き盛りで病院を辞める人が多すぎる!


《part2》
夜勤と育児の両立に効く4つのプログラム―最大のハードルに挑む桜木課長と赤木看護部長の物語
◆ナースのWLBで最大の難問
Q12 WLBなんて、もともと無理だったのでは?
◆受賞の裏で…看護部が乗り越えた深刻なテーマ
◆成功ルートは1本しかない(と思う)
◆権利の調整―「夜勤免除」という法律のハードルをクリアする
◆WLBと夜勤の両立に効果を上げる4つのプログラム
Q13 働き方改革といっても、小規模病院・介護施設・訪問看護など、もともと苦労している施設はいったいどうすれば?
Q14 院内託児所もない、家事代行の補助もない病院では、何ができますか?
◆①週休3日制(短時間正職員)―まずは夕方まで働いてもらう
◆②5段階の勤務ステップ管理―月2回夜勤を頑張ってもらう
◆③夜勤回数を報酬に反映する―自由度の高い組織だからこそ
◆④夜勤を能力として評価する―育成ラダーの活用
【レポート】頑張れ外来! 夜勤者不足の一番の被害者?


《part3》
みんなを守るリアルハラスメント対策―看護部の予防システムが機能すれば多くの悩みが消える
◆パワハラへの疑問―師長からのSOS
Q15 「パワハラが怖い」と師長や主任が泣いてます。
Q16 パワハラって、いったい全体何なんですか?
◆基本的な考え方―白でも黒でもない、グレーの案件への対応
◆ハラスメントの「相談」は多くていい、「訴え」は少ないほうがいい
◆敷居の低い相談窓口のススメ
◆危機管理に有効な段階別システム
◆ハラスメントに普通に対応する方法―予防システム実践事例
◆ハラスメント対策のまとめ
Q17 メンタルヘルスの支援は、子育て支援と比較して足りないのでは?
【レポート】ハラスメント問題で人事担当者が頼りにする3人の専門家


《part4》
働き方改革法は〝頑張る人〟を大切にする―主要テーマが一気に片づく大チャンス
◆働き方改革法で何が変わるのか?
Q18 働き方改革って、看護部に任せるだけで解決しますか?
Q19 働き方改革には、看護部にも協力してもらわないと…
◆人事部的重要テーマ―超過勤務対策と有給休暇取得
◆看護部的重要テーマ①勤務間インターバルと12時間夜勤
◆看護部的重要テーマ②有期雇用契約者や定年延長者への処遇改善
Q20 これまで黙ってましたけど…定年ってどうなんでしょう?
Q21 これまで黙ってましたけど…頑張っている人の報酬が低いなんて、おかしくないですか?
◆働き方改革で、定年・退職金制度が変わる?
Q22 年金が不足するというニュースを見ますけど、大丈夫でしょうか?
【レポート】本当の公平を貫かないと職員は納得しない―有期雇用契約を武器として


《part5》
どんな働き方をしてもエースになれる!―成功モデルの看護部が大切にするデータ
◆エースを目指すことの大切さ
Q23 配慮してもらったけれど、肩身が狭いんです。
◆エースが育つだけでは、理想モデルとしては不十分かも?
◆リーダーが育つモデル①育成ラダーシステムに注目して
◆リーダーが育つモデル②トップマネジメント担当者の役割
◆育休復帰からエースやリーダー級が育つ病院は経営的に最強
【レポート】再び年代別ピラミッド―人件費対策もエースがいてこそ


《part6》
組織とスタッフの信頼関係は〝定時退勤〟がカギ―流行の人事制度より残業対策を大切に
◆労働時間を管理できなければ、信頼関係が壊れる!
Q24 育休から復帰したナースのためと思っていたのに…
◆ストレスチェックの結果分析で残業対策の重要性がわかる?
◆看護部への悪口…ナースは超過勤務に大らかすぎる?
【レポート】ナースの残業について考える


《エピローグ》
専門知識より普通の感覚 ―優しい人を大切にするというシンプルな目標で
◆普通にやったらいいのに…
Q25 気を遣ってくれるのはありがたいけど、私の自由はどこに?
◆目指すべきところは1つしかない
◆緊急時に求められる〝手続省略〟と〝期間限定〟
◆道を切り開くくらいの気持ちで…

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

まだレビューはありません。

レビューを投稿


関連商品

  • 竹中君夫 著
  • A5 184ページ (判型/ページ数)
  • 2018年08月発行
  • 978-4-8180-2125-9

定価(税込): ¥2,200

本体価格(税抜): ¥2,000


月刊「看護」の人気連載を書籍化。24時間体制かつ女性中心という難しい課題を抱えた「ナースのWLB」のために、病院の現役人事担当者が導き出した現実的で効果的な成功メソッドをご紹介!