0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

看護 2020年7月号 (Vol.72, No.9)

  • A4変 112ページ (判型/ページ数)
  • 2020年06月発行
関連カテゴリ
本体価格(税抜): ¥1,600
定価(税込): ¥1,760
在庫: 有り
数量:
カートに追加しました。
カートへ進む

特集1:

DiNQLデータ活用で働き方改革!

労働と看護の質向上のためのデータベース事業

日本看護協会「労働と看護の質向上のためのデータベース(DiNQL)★」事業は、データ活用による看護管理者のマネジメントを支援しています。参加病院は「褥瘡、転倒・転落、誤薬、感染発生率、身体拘束」の削減等、経年的に看護の質向上に取り組み、成果を挙げています。
一方、質の高い看護を提供するためには、看護職が働きやすい職場環境整備が重要です。2019年の働き方改革関連法施行等により、看護職の労働の質向上にもさらなる関心が高まっています。本特集では、DiNQLデータの活用によって時間外労働削減をはじめ働き方の改善に役立てている取り組み内容を中心に紹介します。

★Database for improvement of Nursing Quality and Labor


◆特集1
DiNQLデータ活用で働き方改革! 労働と看護の質向上のためのデータベース事業

[総論]
DiNQL事業の現状と看護職の労働に関連する 最新の分析結果 吉川 久美子・長谷川 陽一

[解説]
「労働の質」向上へのDiNQLデータ活用データから問題点を見つけて改善に至るまで 玉本 和紀

[報告1]
病棟の時間外労働時間の削減に向けて
DiNQLデータ活用による労働環境の整備  佐藤 浩二

[報告2]
データ比較で人員確保と配置、他職種との役割分担を進める 田坂 嘉子

[報告3]
病棟機能移行後の部署の特徴に沿った 安全管理と労働環境の改善を検討して 松本 美保子


◆JNA/日本看護協会
・会長の手帳 福井 トシ子

・副会長活動ダイジェスト 井伊 久美子・齋藤 訓子・秋山 智弥

・専務理事からのワークリポート 勝又 浜子

・常任理事のマンスリー通信 吉川 久美子・熊谷 雅美・荒木 暁子・鎌田 久美子・井本 寛子・岡島 さおり

・TOPICS
新型コロナウイルス感染症に関する日本看護協会の取り組み
〜共存し、よりよい未来を生きるため〜 鎌田 久美子・折見 隆広

・看護研修学校の窓から
第52回(2021年度)日本看護学会学術集会のご案内
 井後 登史子・太田 真里子

・都道府県看護協会事業だより
地区別タウンミーティングで取り組む
愛媛県看護協会の地域包括ケア推進事業 愛媛県・立川 妃都美

・国際情報のページ
世界看護状況2020(State of the World’s Nursing 2020)報告書 鈴木 恵巨


◆JNA INFORMATION
・2020年度 日本看護協会教育計画

・2021年国際看護師協会(ICN)大会抄録募集・参加登録開始 他

◆特別寄稿
その人らしく生きることを支える多機関・多職種のチームづくり―池田市の地域包括ケアシステムにおける意思決定支援 稲野 聖子

・スポーツを通した障がい者の健康維持・増進
―「日本障がい者スポーツ健康科学看護学会」創設まで 田村 玉美

・キュアとケアの再統合
―新たな医療組織の中の看護師 原山 哲・山下りえ子

◆連載
・GRAPH
看護職の皆さま ありがとうございます
福井 トシ子・こしの りょう・太田 肇・室井 滋・尾木 直樹・清水 ミチコ・柴田 理恵・羽生 結弦・坂東 眞理子

・SPECIAL BOOK GUIDE
研究にお悩みの臨床ナースも必読! 『看護』2020年3月臨時増刊号
総特集 臨床実践にねざした研究で看護の質の向上を
日本看護学会学術集会の未来

・看護職がやりがいを持って働き続けるために 『看護』2020年6月臨時増刊号
総特集 好事例に学ぶ 
看護業務の効率化

・WHO NEWS 聖路加国際大学WHO看護開発協力センター

・医療安全TOPICS(116)
医療事故の再発防止に向けた提言第11号
「肝生検に係る死亡事例の分析」について 中尾 明子

・押さえておきたいワンテーマ(4)
依存症は「孤立の病」
アディクションの対義語はコネクション 松本 俊彦

・これでワンランクUP! 相手も自分も責めないコミュニケーション術(43)
熱い看護師が辞めない組織をつくるには 奥山 美奈

・発信力を高める文章講座 書き始める前に考えること(13)
「職責についての所信を述べる文章」のリバイズ(その2) 因 京子

・看護管理者が元気になる! 看護と人事の協働で実現するWLB(51)
緊急時に求められる“手続き省略”と“期間限定”
―“やれることは全部”という気持ちで 竹中 君夫

・医療行政なるほど塾
新型コロナウイルス対策で中医協が診療報酬上の
臨時的な取り扱いを決める 「社会保険旬報」編集部

・厚生行政ウォッチング 柳屋 有里

・information
・日本訪問看護財団からのお知らせ
・「看護」FAXご注文票
・読者FAXシート
・読者プレゼントBOOKS+
・次号予告/編集後記

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

まだレビューはありません。

レビューを投稿