0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

Nursing Today ブックレット ・05

一般教養としての「看護学概論」 NEW

  • 深井喜代子 著
  • A5 64ページ (判型/ページ数)
  • 2020年07月発行
  • 978-4-8180-2275-1
本体価格(税抜): ¥900
定価(税込): ¥990
在庫: 有り
数量:
カートに追加しました。
カートへ進む

人生を豊かにする実践科学

専門性がありながら、誰もが日々の暮らしに取り入れることのできる実学が「看護学」です。一般教養科目の授業を例に、さらなる展開の可能性を探るNTブックレット第5弾!


なぜ、一般教養科目に「看護学概論」か
  ・「看護学」との遭遇
  ・四大教育の名門で学んだ幸運
  ・学友に見た看護学教育の威力

果たして、今どきの大学生は「看護」を認知したか
  ・一般教養科目で開講、「実学」のススメ
  ・メインディッシュを濃い目の味付けで
  ・どんな人生が幸せか
  ・「目」と「手」と「あたま」で吸収する
  ・「看護学概論」が賞をもらってしまった

すべての人々に看護学のエッセンスを
  ・他学部生への講義から得たもの
  ・「看護学」をもっと、社会へ伝えたい


看護とは、看護学とは何か――。
神経生理学者から看護学者へと転向した著者は、それを「人生を豊かにしてくれるもの」と考えます。だとすれば、看護のエッセンスがぎっしりと詰まった「看護学概論」は、今後、誰もが当たり前に携えておくべき〝生きる知恵〟といえるのではないでしょうか。
本書では、総合大学の一般教養科目に「看護学概論」を位置づけ、医療・看護に馴染みのない学生たちをも惹き付けた講義の実際をご紹介します。〝濃い目に味付け〟したという授業の展開例は、看護関係者の参考書としてだけでなく、人々の「学び」について考えるうえで、魅力的な読みものになっています。

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

まだレビューはありません。

レビューを投稿