0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

[認知症plus]シリーズ

認知症plus家族支援 NEW

地域で安心して暮らすために

  • 安武綾 編
  • B5 116ページ (判型/ページ数)
  • 2020年08月発行
  • 978-4-8180-2274-4
本体価格(税抜): ¥2,200
定価(税込): ¥2,420
在庫: 有り
数量:
カートに追加しました。
カートへ進む

認知症のひととその家族を社会で支える!

認知症の人の家族は、本人への対応に困難を感じていることが多く、さまざまな支援を求めています。本書では認知症の人の家族がどんな支援を必要としているかをアセスメントして、適切な支援につなげていくための考え方を示しました。また、様々な立場から行った家族支援の実際を事例として示し分析しました。家族の支援を通して認知症になっても住み慣れた地域で自分らしく認知症の人を支えるためのポイントが満載です。


第1章 認知症とともに生きる人と家族を取り巻く社会の状況
1 認知症とともに生きる人と家族を取り巻く社会の状況
2 いま家族に何が起きているのか?
3 認知症とともに生きる人と家族を取り巻く国の政策と動向
第2章 認知症とともに生きる人と家族の体験
1 認知症とともに生きる人と家族が歩む過程
2 語りから読み解く家族の体験
3 語りから考える家族が必要とする支援
第3章 認知症とともに生きる人と家族の支援に必要な知識と考え方
1 家族とは
2 家族を支援するために知っておきたい理論
3 家族支援にあたっての考え方
第4章 認知症とともに生きる人と家族が地域で暮らすための支援
    -ソーシャルサポートの活用
1 ソーシャルサポートの定義
2 ソーシャルサポートの種類とその考え方
3 家族が望むソーシャルサポートとは
第5章 家族支援の実際
1 認知症とともに生きる人と家族にかかわる専門職の役割
2 事例でみる支援の実際
資 料 認知症とともに生きる人の家族支援に関する研究

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

まだレビューはありません。

レビューを投稿