0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

ナイチンゲール生誕200年記念出版

[ナイチンゲールの越境]02・感染症

ナイチンゲールはなぜ「換気」にこだわったのか

  • 岩田健太郎、徳永哲、平尾真智子、丸山健夫、今岡浩一、岩田恵里子、百島祐貴 著
  • 四六 104ページ (判型/ページ数)
  • 2021年01月発行
  • 978-4-8180-2309-3
本体価格(税抜): ¥1,300
定価(税込): ¥1,430
在庫: 有り
数量:
カートに追加しました。
カートへ進む

コロナ禍の今だからこそわかる、ナイチンゲールの先見性!

世界的大流行を引き起こした新型コロナウイルス。感染対策として「換気」の重要性がクローズアップされています。ナイチンゲールは多くの著書の中で、「新鮮な空気」がいかに健康保持に大切か、「汚れた空気」がいかに病気の原因になるかを繰り返し述べています。コロナ禍の今、「ほら、私が言ったとおり、換気は重要だったでしょ」というナイチンゲールの声が聞こえてきませんか。


感染症医が読む『病院覚え書き』……岩田健太郎
ナイチンゲールはなぜ「換気」にこだわるに至ったのか ─19世紀ロンドンの医療および公衆衛生事情から……徳永 哲
『看護覚え書き』にみられるミアズマ説とエフルービア……尾真智子
こうもりの翼と薔薇の花─ヴィジュアライズ化された兵士の死亡原因……丸山健夫
ナイチンゲール、妊産婦の死亡原因を追及する─産褥熱と助産師学校閉校…… 岩田恵里子
[コラム]
ナイチンゲールが晩年まで苦しんだ感染症?─ブルセラ症……今岡浩一
産褥熱とゼンメルワイス……百島祐貴

カテゴリ一覧

ページトップへ


関連商品

ナイチンゲール生誕200年記念出版

[ナイチンゲールの越境]01・建築

ナイチンゲール病棟はなぜ日本で流行らなかったのか

  • 長澤 泰、西村かおる、芳賀佐和子、辻野純徳、尹 世遠 著
  • 四六 148ページ (判型/ページ数)
  • 2020年09月発行
  • 978-4-8180-2279-9

定価(税込): ¥1,760

本体価格(税抜): ¥1,600


病院が備えるべき第一条件は病院建築が患者に害を与えないこと──ナイチンゲールが理想とした病院建築はどのようなものか。歴史研究の第一人者である建築家と看護師が追う!