0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

新型コロナウイルス ナースたちの現場レポート

  • 日本看護協会出版会編集部 編
  • A5 756ページ (判型/ページ数)
  • 2021年02月発行
  • 978-4-8180-2325-3
本体価格(税抜): ¥2,600
定価(税込): ¥2,860
在庫: 有り
数量:
カートに追加しました。
カートへ進む

2021/5/11朝日新聞「天声人語」に掲載されました。
2021/5/31読売新聞「編集手帳」に掲載されました。

162人がコロナ禍に揺れた激動の2020年を語る!

2020年1月の中国・武漢への自衛隊の災害派遣から、第3波が来る12月までの約1年間にわたる、医療・ケア現場の様子と日々の暮らしを綴ったレポート。

医療従事者としての使命感、未知のウイルスへの恐怖心、差別・偏見に対する怒りや悲しみ、大切な人への思いなど、看護職であり生活者でもある1人の「人」としての姿を垣間見ることができます。


[現場レポート]
▶クラスターを乗り越えて

file #001 そんなことがあったな、といつか思うときが来るのか
file #002 離職中の看護師……何もしないわけにはいかない—クラスター発生病院での応援ナース経験
file #003 検査陽性だった母の願いをかなえるため最前線の現場へ—人生の転機になった応援ナースの経験
file #004 COVID-19 専門病棟の看護管理を体験して
file #005 クラスターはなぜ発生し、どう対応したか
file #006 院内感染がもたらす影響—精神科病院でのクラスター事例
file #007 障害者支援施設における新型コロナウイルス集団感染の記録
file #008 現場の役に立ちたいと思い、じっとしていられなかった—クラスター発生の社会福祉施設での活動
▶ダイヤモンド・プリンセス号
file #009 ダイヤモンド・プリンセス号船内の感染制御活動の記録
file #010 開院前の医療施設におけるクルーズ船感染者の受け入れ
file #011 市中の小規模病院におけるクルーズ船感染者の受け入れ—看護の視点から
▶感染症指定医療機関
file #012 感染しない、させない 職員の安全を守る感染対策
file #013 災害派遣活動と市中感染対応
file #014 一期一会の看護を大切に
file #015 特殊任務看護師チームとして質の高いクリティカルケアの提供を目指す
file #016 COVID-19 患者の受け入れと一般診療の両立
file #017 それぞれの立場でコロナ禍に向き合った記録
▶感染者受け入れ医療機関
file #018 「正しく恐れ、不安と戦う」看護部の患者対応の記録
file #019 後方支援として、時に最前線になる立場で感じたこと—特定機能病院としての患者受け入れ
file #020 看護部門における感染管理と提言—COVID-19 患者受け入れ体験を通して
file #021 重症患者受け入れは苦しさを伴うが、自分たちの学びや喜びが支えになっている
file #022 ECMO 治療患者の受け入れ—最後の砦:不安と使命感をもって臨んだ5 か月間から得たもの
file #023 救急は予防だ! コロナも予防が大切だ!—診療所におけるCOVID-19 の対応
▶後方支援医療機関
file #024 汗だくで患者対応をしている看護師たちが愛おしい
▶分娩取り扱い医療機関
file #025 妊産褥婦へのCOVID-19 対応
file #026 COVID-19 妊婦の帝王切開を経験して
▶小児医療現場
file #027 小児医療現場の状況と対応
▶緩和ケア病棟
file #028 面会制限のなかで—新型コロナウイルス感染症対策と緩和ケア病棟
▶軽症者宿泊療養施設
file #029 日本で最初の軽症者受け入れ宿泊施設—感染対策と入所者の自立
file #030 軽症者宿泊療養施設での勤務を経験して
file #031 現場で奮闘する医療者への申し訳なさと歯がゆさから宿泊療養施設看護業務に応募
file #032 復職看護師としてできること—宿泊療養を支える看護
▶保健所
file #033 県型保健所における取り組み
file #034 政令指定都市の保健所における取り組み
▶保健所/帰国者・接触者相談センター
file #035 保健所の活動を支援して
▶帰国者・接触者相談センター
file #036 都民の不安を一身に引き受け、満足いく対応を考える—新型コロナ受診相談窓口での経験
file #037 電話相談は古くから看護職が大事にしてきたケアの1つ、のはずなのに
▶高齢者施設
file #038 介護老人保健施設における感染症リスクマネジメント
file #039 自分が感染し、利用者の生命を脅かす恐怖のなか業務を続ける
file #040 小さな町の小さな事業所における感染予防の取り組み
▶高齢者施設/ 訪問看護ステーション
file #041 禍転じて福と…なしたい! 小さな会社のコロナ奮闘記
▶ホームホスピス/訪問看護ステーション
file #042 緊急事態宣言下での看取り—ホームホスピスと訪問看護ステーションにおける取り組み
▶訪問看護ステーション
file #043 3 足のわらじを履く私のコロナ禍9 か月の出来事—管理者、連絡協議会会長、学生として
file #044 感染の危険と隣り合わせだが必要としている人がいる限り粛々と訪問を続ける
file #045 地域の療養者に起きた意外な余波とは
file #046 今こそ訪問看護や在宅サービスの力が必要な時期—新宿の訪問看護ステーションの記録
file #047 「With コロナ」のなかでも“その人らしく生きる”ことを支え続ける
file #048 コロナ禍のあいりん地区貧困地域における公衆衛生の課題と地域の取り組み
▶児童発達支援施設
file #049 児童発達支援施設の取り組み——自粛要請時の対応と見えてきた課題
▶ラジオパーソナリティ/保健師、看護師
file #050 小さな声の発信を届けたい—ラジオパーソナリティが見たコロナ禍
▶海外で活躍する看護職
file #051 看護チームで嗅覚・味覚異常の定量試験などを実施
file #052 “We must be strong !”と自分たちに言い聞かせる医師
file #053 インドとミャンマーにおけるCOVID-19 拡大の状況と対応
file #054 活躍するブラジルの看護師
file #055 「悪夢よ、覚めてくれ」と日々祈るしかできない医療者—ボリビアにおける感染症の現状と対応
file #056 地球の反対側にいる仲間といつかまた抱擁を─パラグアイでの活動を振り返る
file #057 父上・母上様、野戦病院のような感染症病棟で働くことになりました。

[日々の暮らし]
file #058 不安を抱えながら最前線で懸命に働くスタッフを守る
file #059 医療従事者であると同時に一生活者でもある看護師たちの日々の暮らしへの影響
file #060 仕事で生じたストレスのコーピング方略を模索中
file #061 自分が感染し、他者にうつしたらと思うと不安で外出できない
file #062 モデルと看護師、二刀流の働き方—コロナ禍で感じたこと

[組織とコミュニティ]
▶職能団体

file #063 日本看護協会の取り組み
file #064 日本助産師会の取り組み
▶各種団体
file #065 日本赤十字社の取り組み
file #066 日本訪問看護財団の取り組み
file #067 在宅医療・介護現場で働く専門職有志による取り組み
file #068 全国訪問看護事業協会の取り組み
file #069 コロナ禍における多職種間連携—「日本財団在宅看護センター」起業家育成事業の仲間たちによる連携と実践
file #070 マギーズ東京の取り組み
file #071 高齢者施設で働くスタッフをサポートするための研究者有志による情報発信
▶学術団体
file #072 重症患者のケアに使える実践ガイドを緊急作成
file #073 日本災害看護学会におけるCOVID-19災害プロジェクト
file #074 日本看護倫理学会の取り組み
file #075 「日本看護管理学会より国民の皆さまへ」—声明文発表の趣旨と反響
file #076 学術集会ってなんだろう?—新型コロナウイルス感染拡大下におけるイベント開催のあり方

[教育の現場では]
▶大学・教員

file #077 教育機関への影響—日本看護系大学協議会の取り組み
file #078 コロナ禍における教育の継続とその対応
file #079 コロナ禍転じて意志ある学びと為す
file #080 コロナ禍における「学びの場」を守るために
file #081 「学びを止めない」—オンライン授業の工夫と課題
file #082 実習代替事業としてのシミュレーション教育
▶学生
file #083 周りの仲間の存在は大きく、「つながる」ことの大切さを実感した
file #084 待ちに待った学校がスタート しかし3 密制限でいろいろやりづらい面も
file #085 “虚無感”を越えて
▶現任教育
file #086 看護部教育担当者として感じた研修等への影響

[私の「コロナ日記」]
file #087 新人は即戦力にならない。それでも就職し、感じた友人との距離
file #088 あなたを診察し、治療やケアにあたるのは、疲弊した医療スタッフなのだ
file #089 もうあの自粛期間中の生活には戻りたくない
file #090 新型コロナウイルス感染症の経験により改めて思い知った看護の尊さと誇り
file #091 正しく恐れ、正しく対処し、1 日も早い穏やかな日常へつなぐ
file #092 岩手県で初めての陽性者確認。感染者「ゼロ」のプレッシャーから解放されたような気がした
file #093 コロナで変わった日常。そして、これから
file #094 体重増加や血糖上昇がみられた人、飲酒量が減り、よい療養生活が築けた人、患者さんは様々だ
file #095 歴史として語られる看護師の働く美しい姿
file #096 他者を思いやる気持ちが次へと進む力になる
file #097 With Mask—マスクに隠された顔の正体は?
file #098 コロナ禍での産前産後には助産師のケアがより重要になる
file #099 貴重な経験を、「看護を語れる場」のなかでつないでいく
file #100 大切な仲間たちへ——もう少しがんばりましょう。心も身体も温かくして。
file #101 新型コロナに揺れ動く私の心
file #102 帰省するのが憚られる状況下、入院した母のことを思う
file #103 無慈悲な“ ノー” との葛藤の日々
file #104 「新しい日常」で寛容な暮らしを
file #105 人々が知恵と工夫を生み出せる公衆衛生行政と看護を
file #106 コロナ禍の出版市場における営業活動への影響

[コラム]
#01 新型コロナウイルス感染による死亡者の搬送・葬儀対応
#02 コロナ患者受け入れによる病院経営への影響
#03 苦しいときに役立った日頃のリスク管理
#04 新型コロナウイルス感染と労災保険
#05 ʻコロナʼ が呼び起こした新しい価値観と看護実践

[解説]
#01 新型コロナウイルス感染症の基礎知識
#02 分娩時の妊産婦のマスク着用について
#03 コロナ禍と看護倫理
#04 新型コロナウイルス感染症対応窓口が「保健所」である理由と意味—保健所保健師の役割
#05 医療機関における感染対策
#06 ナースのコロナ禍に関するメンタルヘルスサポート
#07 コロナ禍でのドメスティック・バイオレンス被害
#08 感染症がもたらす心理・社会的影響の啓発
#09 COVID-19 と人生会議/ACP

カテゴリ一覧

ページトップへ


関連商品

ルポ・そのとき看護は

ナース発 東日本大震災レポート

  • 日本看護協会出版会編集部 編
  • A5 704ページ (判型/ページ数)
  • 2011年09月発行
  • 978-4-8180-1611-8

定価(税込): ¥2,640

本体価格(税抜): ¥2,400


東日本大震災の被災地域の看護職と、支援に赴いた看護ボランティア、被災地の患者・住民を受け入れた施設など、さまざまな立場の看護職183人による活動レポート集

Nursing Today ブックレット ・07

多職種でコロナの危機と向き合う

  • 梶原絢子 編
  • A5 64ページ (判型/ページ数)
  • 2020年10月発行
  • 978-4-8180-2283-6

定価(税込): ¥990

本体価格(税抜): ¥900


新型コロナウイルス感染症の対応現場では、これまでいかにしてこの危機を乗り越えてきたのか。自治医科大学附属さいたま医療センターからの報告。

Nursing Today ブックレット ・10

「コロナ」と「看護」と「触れること」

COVID-19 and Nursing

  • 波平恵美子 語り/田辺けい子 聞き手
  • A5 48ページ (判型/ページ数)
  • 2021年05月発行
  • 978-4-8180-2340-6

定価(税込): ¥825

本体価格(税抜): ¥750


「触れること」が忌避される状況でも、それを回避することが難しく、業の本質ともいわれるのが看護。「コロナ」を経験した看護は、どう変容すべきか。医療人類学の第一人者に聞く。

  • 公益社団法人日本看護協会 編
  • B5 288ページ (判型/ページ数)
  • 2021年07月発行
  • 978-4-8180-2345-1

定価(税込): ¥3,960

本体価格(税抜): ¥3,600


各現場での取り組み事例、認定看護師・専門看護師等の活動事例、看護マネジメントの視点を掲載。日本看護協会・7都道府県看護協会の組織的な取り組みも紹介します。