0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

コミュニティケア 2021年9月号

300号 (Vol.23, No.10)

  • A4変 80ページ (判型/ページ数)
  • 2021年08月発行
  • 978-4-8180-2320-8
本体価格(税抜): ¥1,400
定価(税込): ¥1,540
在庫: 有り
数量:
カートに追加しました。
カートへ進む

特集1:

訪問看護におけるヒヤリハット

訪問看護の現場では、リハビリテーションや入浴介助時、移動・外出中にヒヤリハットや事故が多く発生しています。これらは誰でも起こし得るものであると認識し、日ごろから対策しておくことが重要です。

また、基本的に訪問看護師は単独で利用者のケアに当たるため、事故発生時にすぐに他の医療スタッフの応援を呼ぶことはできず、1人で初期対応を行わなければなりません。しかし、事故が起きると当事者はパニックとなり、冷静な判断ができなくなります。初期対応を誤ると、利用者・家族との関係性の悪化、ステーションへの信頼の低下、さらには民事上・刑事上・行政上の責任を負う可能性もあるため、リスクマネジメントが求められます。

本特集では、〈総論〉で訪問看護ステーションにおけるヒヤリハット・事故の特徴や傾向を踏まえ、安全対策の基本、対応のポイントを説明します。続いて、〈解説〉では、事故が発生した場合に、訪問看護師や訪問看護ステーションが問われ得る法的責任について弁護士が解説。さらに架空の事故事例を基に望ましい対応方法を考えます。〈事例〉では、事故防止対策に取り組んでいる3つの実践例を紹介します。

特集2:

在宅療養の可能性を広げる

看護小規模多機能型居宅介護

病院から在宅へと療養環境の移行が後押しされる中、「通い」「泊まり」「訪問看護」「訪問介護」のサービスを一元的に提供する看護小規模多機能型居宅介護(看多機)が、地域包括ケアの重要な拠点として注目されています。看多機は住み慣れた地域で最期まで生活したい人の望みをかなえるべく創設されたサービスですが、その事業所数はまだ十分とはいえない状況です。

本特集では看多機の特徴や利用者像をはじめ、令和3年度介護報酬改定を踏まえた政策動向や課題を整理した上で、今後期待される役割を展望します。さらに、「重度化防止・自立支援」「在宅移行支援」「看取り」の事例をとおして、ケアプランの立て方、利用者にもたらす効果、多職種との連携の実際などを紹介するとともに、安定的なサービス提供に向けた取り組みや課題について報告します。


●第1特集 訪問看護におけるヒヤリハット

〈総論〉訪問看護で求められる安全対策 佐々木 静枝

〈解説〉事故発生時に問われる法的責任と望ましい対応 友納 理緒

〈報告1〉法人全体で育む安全文化 栗原 知亜紀

〈報告2〉インシデントを報告しやすい風土づくり 平野 智子

〈報告3〉交通事故対策と他部門と連携した安全対策 灘井 京子

●第2特集 在宅療養の可能性を広げる 看護小規模多機能型居宅介護

〈解説〉看護小規模多機能型居宅介護の特徴 堀川 尚子

〈報告1〉重度化防止・自立支援
多職種が個々の強みを発揮し機能回復に向けて支援する 柴田 三奈子

〈報告2〉在宅移行支援
看多機ならではのサポートで在宅移行をかなえる 森田 貞子

〈報告3〉看取り
当たり前の生活を維持し尊厳ある最期を迎えるために 松木 満里子

●COLUMN
ニュース手帳
株式会社グローバルヘルスコンサルティング・ジャパン Gem Med 編集部

地域ケアの今 上野 まり
母の最後の教え

宮子あずさの気まぐれコラム 宮子 あずさ
コロナ禍で知った「見え方」の違い

Book Selection 
シリーズ【看護の知】

SPECIAL BOOK GUIDE
From nurse illustrator & manga artist To nurse
新型コロナウイルスの最前線で働く看護職の皆さまへのメッセージ

●SERIES
角田直枝の病院と地域を“看護”がつなぐ 角田 直枝
感染対策も地域包括ケアで

トラブルを解決・回避する 人事労務相談室 中山 伸雄
スタッフがメンタルヘルス不調になった際の対応①
復職・退職までの流れと現状把握

だから面白い訪問看護管理 山﨑 和代
災害時に慌てない準備

困難ケースを解決する スペシャリストの実践知 多田 信子
[認知症]夫婦の力を生かしたチームによる支援で、困難事例にしないかかわりをめざす

訪問の 合間に一句 詠んでみる 訪問看護“泣き笑い”川柳 亀井 紗織

災害に強いステーションづくり 寺田 英子
BCPの策定手順④ 
STEP4 通常業務の整理 STEP5 災害時応急対応業務の整理

アンガーマネジメント 光前 麻由美
相手の怒りのタイプ別による対応⑥ 
「天真爛漫タイプ」の場合

住民の“生きる”に伴走 進化を続ける地域ケアシステム「幸手モデル」 中野 智紀
東日本大震災のときの「被災者一斉検診」

日本訪問看護財団からのお知らせ
11月6日(土)にライブ配信「訪問看護サミット2021」を開催 ほか

全国訪問看護事業協会からのお知らせ
BCP(業務継続計画)のひな形の活用 ほか

カテゴリ一覧

ページトップへ