0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

コミュニティケア

2005年12月号 80号(vol.7,No.14)

  • A4変 80ページ (判型/ページ数)
  • 2005年12月発行
  • 978-4-8180-1183-0
本体価格(税抜): ¥1,000
定価(税込): ¥1,100
カートに追加しました。
カートへ進む

特集1:

“デイホスピス”を知っていますか

末期がん患者を支える新たなケア

末期がん患者は自宅で過ごしたいと思っても、さまざまな理由で病院での生活を余儀なくされることが一般的です。しかし、病気や痛みについて気軽に相談できたり、患者やその家族同士が触れ合える場があれば、コミュニティの中で末期がん患者を支えることは決して無理ではありません。本号では、末期がん患者とその家族を支える新しい試み「デイホスピス」の現状について取り上げます。

特集2:

居宅介護支援事業所 こうすればうまくいく



●特集

“デイホスピス”を知っていますか
──末期がん患者を支える新たなケア

〈序論〉デイホスピスとは
 社会に開かれたデイホスピス──英国で根づく在宅緩和ケアサービス/阿部まゆみ
〈実践1〉在宅緩和ケア支援センター“虹”
 がんと共に生きる患者・家族の支えに──市民と看護師が中心となったNPOの取り組み/中山康子
〈実践2〉訪問看護パリアン
 「通所看護」を介護保険の“デイホスピス”に──末期がんと難病の患者・家族を支える/佐藤夏織
〈実践3〉広島県緩和ケア支援センター
 デイホスピスモデル事業の取り組み──日本にデイホスピスを広げていくために/阿部まゆみ


●第2特集

居宅介護支援事業所 こうすればうまくいく
執筆:山田登喜子(NPO法人ゆうらいふ居宅介護支援事業所所長/ケアマネジャー/看護師/社会福祉士)

〈提言〉看護職こそ、ケアマネジャーを目指せ
〈理論編〉地域に密着した居宅介護支援事業所の運営・経営のポイント
〈実務編〉利用者に選ばれるサービスを支える3つのコツ


●シリーズ

リレーエッセイ 生き抜く人々/向谷地生良
「伊勢えび」の話

療養児と家族の包括的支援のための小児在宅ケアガイドライン(最終回)/奈良間美保
小児在宅ケアにおけるコーディネーターの役割とネットワーク化

ケースから学ぶ精神科訪問看護/萱間真美・林亜希子
訪問看護だから感じる「服薬支援」の難しさ
──「服薬を管理するような関わり」を躊躇したケース

これだけは知っておきたい! 在宅での感染管理/坂本史衣・押川真喜子・西田志穂
職業感染予防策のポイント──針刺し・切創・汚染と結核への対応

日野原重明の“一緒に学ぶケアカンファレンス”
多系統萎縮症を持つ利用者の在宅療養を考える

エキスパートに聞く Q&A在宅ケアの専門技術と知識(最終回)/白川修一郎・遠藤ゆかり
睡眠障害<その2> ~不眠メカニズムと治療のポイント


健康増進・障害予防に向けた高齢者ケアの新たなる実践/小川淳一
ISO9001を用いた高齢者ケア管理システム~より質の良いサービスを目指して


●コラム

ニュース手帳/編集部

Review City/池田省三
介護保険改正で重要になる市町村の“舵取り”

介護保険おさらい帖/山崎摩耶
介護報酬・診療報酬同時改定と訪問看護の質

厚生労働省発 介護保険最新mail(最終回)/渡辺由美子
介護予防ワーキングチーム中間報告について2

最新レポート ここまで進化している在宅医療福祉機器(最終回)/野間美香
痰の自動吸引器

カテゴリ一覧

ページトップへ