0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

看護現場で役立つ文章の書き方・磨き方 NEW

論理的に伝える技法

  • 因 京子 著
  • B5 146ページ (判型/ページ数)
  • 2021年10月発行
  • 978-4-8180-2362-8
本体価格(税抜): ¥2,400
定価(税込): ¥2,640
在庫: 有り
数量:
カートに追加しました。
カートへ進む

文章の「主題」「構成」「内容」「表現」を工夫するためのヒントが満載!

本書では、看護職としての実務と研究を行ううえで書く可能性のあるさまざまな文章を素材として、「論理的に書く」にはどのように考えていけばよいかを三部構成で示します。
Part 1では文章作成に関する基本概念を説明し、Part 2では、「報告書」「小論文」「事例報告」「研究論文」「広報文」などのさまざまな文章を取り上げ、その問題点を分析して修正案(リバイズ例)を提示します。素材となる文章を読んで改善点を考えてからリバイズ例と解説を読めば、「書く技能」「リバイズする技能」が向上します。さらにPart3では、活用できる書式例と資料を提示しました。
専門職としての発信力を伸ばすために、本書をぜひご活用ください。


はじめに 

Part1 伝わる文章を書く技術

1章 書き始める前に考えること――書くことの本質的効用と機能的効用

1 実は書く機会が多い看護の仕事 
2 書くことの本質的効用と機能的効用を意識する  
3 看護職に期待される発信力 
4 伝わる発信を行うための取り組み方を身につける 
 ワンポイントLesson 文章の全体構成(序論・本論・結論)と各部分での行動 

2章 文章の「目的・受け手」を認識して内容・文体・表現を決めよう
1 まず、「目的」と「受け手」をきっちりと把握する 
2 書こうとするのは「公的」で「実務的」な文章 
3 話し言葉と書き言葉の違いを意識する 
 ワンポイントLesson 事例報告の「目的・受け手」を認識する 

3章 業務連絡では核心をズバリと先に伝えよう
1 表現の丁寧さよりも重要なこと 
2 業務連絡では用件を冒頭に置き、明確な表現を用いる 
3 日本語の談話型は回りくどい? 
 ワンポイントLesson「指示の背景事情」でなく、「指示」そのものを示す

4章 書く技能の構成要素を確認しよう
1 「硬め」と「軟らかめ」の違い 
2 硬めの文章を書くための知識・技能 
3 「言語」「専門」知識の増大より大切な「技能」を獲得するには 
 ワンポイントLesson 患者さん向けの文章では「圧縮表現」にご注意! 

5章 文章の印象を決める諸要素を確認しよう
1 「困った文章」の特徴 
2 「よい文章」を生み出す要素 
 ワンポイントLesson よりよい文章にするための推敲 

6章 文章の「スキーマ」を形成しよう
1 「スキーマ」をもたない人の文章 
2 「スキーマ」をもつ人の文章 
3 スキーマを形成するには 
 ワンポイントLesson 外部の人にお願いするときは、「外部の人の目」で眺める 
  
7章 書く前にアウトラインをつくり展開構造を検討しよう
1 アウトラインのつくり方
2 アウトラインの原案を改善してみよう 
 ワンポイントLesson 「論理的な文章」とは 

8章 述べる事実の「意義」を示そう
1 多くの人に伝わる文章とは
2 スポンサーに伝えるべき意義を明確に 
3 あいまいな印象を避けるためのテクニック 
4 修正例とそのポイント 
 ワンポイントLesson 「査読」とは 

9章 引用の種類を知り、適切に使い分けよう
1 日常的表現を専門的表現にするのは専門職の基本技能 
2 引用の種類と使い分け 
 ワンポイントLesson 文献の引用に伴う手続き 

10章  簡潔に表現する秘訣を知ろう
1 書き言葉にするための3つの手続き 
2 「節」と「句」の使い分けで文章力を上げる 
3 文章語の基礎練習 
  ワンポイントLesson 便利な道具は使いましょう 


Part2 文章を磨くリバイズの技術

1章 文章の発信力を高めるリバイズのコツ

1 添削とは違う「リバイズ」 
2 提案する文章の目的と内容とは 
3 リバイズのコツ 
4 リバイズ後の改善ポイント 

A 実務文書のリバイズ
1 会議資料――検討する項目の明確化を 
2 研究会総会の案内状――読み手の利便性への配慮を 
3 研修参加報告書――意義ある報告を書きやすい書式とは 
4 所信表明(小論文)――内容・全体構造・表現の検討を 
5 病院実習依頼書――必要な情報を、受け手に配慮した構造と表現で 
6 メールと添付ファイル――基本的作法と配慮の原則 

B 広報文のリバイズ
1 看護実践の省察記録――核心部分の表現は練り上げて 
2 在宅看取り支援の省察記録――印象づけたい部分を活かす構成に 
3 院内の啓発活動を伝える記事――段落の工夫で、より伝わりやすく 

C 事例報告のリバイズ
1 在宅看取り支援の事例報告――他者に伝えるべき「知」を見極めて 
2 協議すべき問題を提起する事例報告――扱う問題を焦点化する 

D 研究関連の文章のリバイズ
1 研究協力依頼書――読み手の心を動かす構成と表現を 
2 研究論文における「研究の背景」――記述の「型」を用いて論理的な展開に 
3 研究報告――他者に有益な示唆を与えるために、頭の中で汗をかく 


Part3 活用できる書式例・資料

書式
1 施設内文書:提案書(例) 
2 対外文書:依頼書(例) 
3 自己アピール:研修志望動機(例) 
4 メールの形式:依頼(例) 
 
資料
1 文章の執筆スケジュール 
2 アウトライン 
3 執筆時の参考になる資料 

索引

カテゴリ一覧

ページトップへ