0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

看護 2021年12月号 (Vol.73, No.15) NEW

  • A4変 112ページ (判型/ページ数)
  • 2021年11月発行
関連カテゴリ
本体価格(税抜): ¥1,600
定価(税込): ¥1,760
在庫: 有り
数量:
カートに追加しました。
カートへ進む

特集1:

健康なまちづくりを担う自治体保健師

自治体保健師は、地域住民が健康で安全・安心に暮らすためには必要不可欠な存在です。地域包括ケアシステムを推進していく上では、病院と自治体保健師の連携もますます重要になります。
特集1では、まず、自治体保健師の役割や地域における看護職同士の連携の重要性について解説。その上で、病院の看護管理者が、どのようなときにどこに所属する保健師と連携すればよいかが具体的にわかるように、地域における課題(健康寿命延伸・感染症対応・精神保健福祉・虐待対応・高齢者施策・母子保健)ごとに、自治体保健師の担う業務を紹介します。

特集2:

看護職の資格活用基盤の強化

高齢化により医療・看護ニーズが増加し多様化する一方で、少子化により新たな看護職のなり手が減少していくことが見込まれています。今後も看護職が役割を適切に果たしていくためには、1人ひとりの質を維持・向上するとともに、多様性を受容する労働環境を整備し、キャリア継続を支援していくことが不可欠です。
特集2では、日本看護協会が進めている、地域ニーズに応じた看護職の人材確保や、個人のキャリア形成支援に資する看護職資格の活用基盤強化に向けた取り組み方針を解説。また、「社会保障に係る資格におけるマイナンバー制度利活用に関する検討会」における議論に基づき、看護職の資格活用の展望を示します。

特集3:

AIホスピタルって何?

入り口で話しかけてくるロボットに症状を訴えると適切な診療科を案内してくれ、歩くのが大変なら自動走行の車いすが連れて行ってくれる。病棟では不穏の予兆や、転倒・転落が発生すると瞬時に現場へアラートが飛んでくる。いずれも一部の病院で試行が始まっており、数年内には実装される技術です。
本特集では、国の進めるAIホスピタル構想を中心に、近い未来に各医療現場に入ってくるであろう機器やシステムを概観。医療・看護の姿がどのように変わっていくのか、その可能性を示します。
また、特に看護職にとって身近な、看護記録と病棟の変化については、実際に開発に携わる識者から、現状と近い未来の変化について論じていただきます。


◆特集1
健康なまちづくりを担う自治体保健師


・総論 地域の健康を支えるために重要な病院と自治体保健師の連携………鎌田 久美子
・報告1 健康寿命施策を担う都道府県本庁保健師………吉松 恵
・報告2 感染症対応を担う都道府県保健所保健師………山田 美恵子
・報告3 精神保健福祉施策を担う精神保健福祉センター保健師………馬本 春美
・報告4 虐待対応を担う児童相談所保健師………髙田 加奈子
・報告5 高齢者施策・地域包括ケアシステムを担う市町村保健師………石川 貴美子
・報告6 母子保健を担う市町村保健師………仲谷 美樹


◆特集2
看護職の資格活用基盤の強化


・総論 日本看護協会が提案する「看護職の資格活用基盤の強化」について………勝又 浜子
・報告 社会保障に係る資格におけるマイナンバー制度利活用に関する 検討会………秋山 智弥


◆特集3
AIホスピタルって何?


・解説 AIで未来の病院はどう変わる?………加藤 泰朗
・論考1 近未来の看護記録 デジタル社会に即した記録像の共創に向けて………瀬戸 僚馬
・論考2 近未来の病棟 AIと共存しながら自由な発想で看護を創造する………森口 真由美


◆JNA/日本看護協会
・会長の手帳………福井 トシ子
・副会長活動ダイジェスト………井伊 久美子・齋藤 訓子・秋山 智弥
・専務理事からのワークリポート……… 勝又 浜子
・常任理事のマンスリー通信………吉川 久美子・鎌田 久美子・井本 寛子・森内 みね子・木澤 晃代・田母神 裕美
・TOPICS
 新型コロナウイルス感染症にかかる企業等からの寄付の活用について………伊藤 達也
・看護研修学校の窓から
 「最新看護索引Web」で雑誌文献を探しませんか?………森井 理恵
・都道府県看護協会事業だより
 軽症者宿泊療養施設における遠隔看護の実践………石川県・中出 みち代
・JNA NEWS
 第52回(2021年度)日本看護学会学術集会がWebで開催


◆JNA INFORMATION
・2022年度 日本看護協会教育計画
・第52回(2021年度)日本看護学会学術集会(Web学会)参加登録受付中! 他


◆連載
・かお 日々の食事から健康をつくる料理教室………窪 豊子 さん
・SPECIAL BOOK GUIDE
 短時間で効果的に学べる! 認知症ケアの教育プログラム『認知症plus院内対応と研修』刊行
 本誌人気連載が書籍化されました!『看護現場で役立つ文章の書き方・磨き方――論理的に伝える技法』
・WHO NEWS………兵庫県立大学地域ケア開発研究所・WHO協力センター
・NEWS FLASH 第12回 せいれい看護学会学術集会開催
・これでワンランクUP! 相手も自分も責めないコミュニケーション術(57)
 相手が受け入れやすいメッセージの伝え方………奥山 美奈
・新型コロナウイルス感染症リポート(15)
 埼玉県看護協会における新型コロナワクチン接種事業への支援活動………禰屋 文恵・佐藤 啓子
・看護管理者が元気になる! 看護と人事の協働で実現するWLB(68)
 スタッフの貢献に応えたい看護部副部長 タフ・ネゴシエーターをめざして!………竹中 君夫
・医療安全TOPICS(133)
 第65回報告書「サイレース静注とセレネース注を取り違えて投与した事例」について………井上 純子
・医療行政なるほど塾
 中医協の分科会に2021年度調査の速報示す急性期一般入院料1の病院の多くが現状維持の意向………「社会保険旬報」編集部
・厚生行政ウォッチング………柳屋 有里

◆コラム
・Information
・日本訪問看護財団からのお知らせ
・総目次
・「看護」FAXご注文
・読者FAXシート
・読者プレゼントBOOKS+
・次号予告/編集後記

カテゴリ一覧

ページトップへ