0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

ナイチンゲール生誕200年記念出版

[ナイチンゲールの越境]07・伝記

創造られたヒロイン、ナイチンゲールの虚像と実像 NEW

  • 中島俊郎・松野 修・山﨑麻由美・山中千恵・けいろー・岩田恵里子・加納佳代子・宮本眞巳 著
  • 四六 200ページ (判型/ページ数)
  • 2022年06月発行
  • 978-4-8180-2420-5
本体価格(税抜): ¥2,200
定価(税込): ¥2,420
数量:
カートに追加しました。
カートへ進む

「聖女」「天使」か? 「烈女」「闘士」か? ナイチンゲールの実像に迫る!

フローレンス・ナイチンゲールといえば「戦場で瀕死の兵士を看病した看護師」であり、「白衣の天使」「ランプを持ったレディ」という定番イメージがあります。しかし伝記に描かれたナイチンゲール像は時代とともに変化してきました。かつては「聖母」「女らしい優しさ」「献身」「博愛」など、社会規範・ジェンダー規範のお手本とされてきた彼女は、やがて「自立した女性」「行動家」「信念の人」へと、そして目的のためには手段をいとわない「戦う烈女」へと変貌を遂げたのです。
本書では古今東西の大人向け・子ども向け伝記、サブカルチャーなどを通して、ナイチンゲールの虚像と実像について考察します。


フローレンス・ナイチンゲールと伝記……中島俊郎
ナイチンゲールはなぜ看護の道を選んだのか─明治~昭和初期のナイチンゲール伝の記述から……松野修
伝記に描かれたナイチンゲール像─昭和初期から戦後まで……山﨑麻由美
ヒロインの条件─子ども向け学習マンガに描かれたナイチンゲール像の変遷……山中千恵
“狂戦士”ナイチンゲール、現る─マンガやゲームに描かれる現代のナイチンゲール像……けいろー
創作講談でナイチンゲールを「人びとのために戦う烈女」として語る……加納佳代子
[創作講談]烈女フローレンス・ナイチンゲールから今に引き継がれる看護……加納塩梅
子ども向け伝記『ナイチンゲール』への取り組みを振り返る中で見えてきたこと……宮本眞巳
[子ども向け伝記]ナイチンゲール──たくましく美しく看護の道をひらいた人……宮本真巳
[コラム]ナイチンゲール誓詞に違和感を覚えますか?


「フローレンス・ナイチンゲール」──日本人で彼女の名前を聞いたことのない人はいないのではないでしょうか。彼女はヘレン・ケラー、マリー・キュリーと並ぶ子ども向け伝記には欠かせない歴史上のヒロインであり、歴史の教科書にも登場するおなじみの人物です。では、ナイチンゲールは何をした人でしょうか? 「戦場に赴き、瀕死の兵士たちをランプを持って夜な夜な見廻り看病した看護師」というのは誰もがすぐに思い浮かぶことでしょう。「白衣の天使」「ランプを持ったレディ」「聖母」という定番のイメージもそこから生まれました。しかし、三十六歳のときにクリミア戦争から帰還して以降、九十歳で亡くなるまでの五十四年間、ナイチンゲールが何をしていて、どんなことを成し遂げたかを知る人は多くはないかもしれません。
時代とともに、伝記に描かれたナイチンゲール像は変化してきました。かつては「女らしい優しさ」「献身」「従順」「博愛」「慈悲」「謙虚」など、社会規範・ジェンダー規範のお手本として為政者に都合のよい人物として描かれたこともあったナイチンゲールは、やがて「自立した女性」「行動家」「信念の人」へと、そしていまや目的のためには手段をいとわない「戦う烈女」へと変貌を遂げました。
本書では伝記に描かれたナイチンゲールの虚像と実像について、古今東西の大人向け・子ども向け伝記、サブカルチャーなどを通して考察します。
(編集部)

カテゴリ一覧

ページトップへ


関連商品

ナイチンゲール生誕200年記念出版

[ナイチンゲールの越境]06・戦争

ナイチンゲールはなぜ戦地クリミアに赴いたのか

  • 玉井史絵・石川一洋・森田由利子・杉浦裕子・丸山健夫・小宮彩加・中島俊郎・大田垣裕子・金沢美知子 著
  • 四六 184ページ (判型/ページ数)
  • 2022年02月発行
  • 978-4-8180-2390-1

定価(税込): ¥2,200

本体価格(税抜): ¥2,000


クリミア戦争について、ナイチンゲールの活躍だけでなく、当時の政治・社会・経済・文化的背景など様々な側面に焦点を当てて考察した本。歴史好きの方にもおススメ。

ナイチンゲール生誕200年記念出版

[ナイチンゲールの越境]05・宗教

ナイチンゲール、神の僕となり行動する

  • 徳永哲・平尾真智子・佐々木秀美・野口理恵・眞壁伍郎・大北全俊・伊藤幸史 著
  • 四六 144ページ (判型/ページ数)
  • 2021年10月発行
  • 978-4-8180-2363-5

定価(税込): ¥1,760

本体価格(税抜): ¥1,600


ナイチンゲールにとって〈神〉は祈りの対象でなく、貧しい人びとを救済する慈善行為の内に存在するものでした。神の僕として行動することに人生を捧げた彼女の信仰に迫ります。

ナイチンゲール生誕200年記念出版

[ナイチンゲールの越境]04・時代

ナイチンゲールが生きたヴィクトリア朝という時代

  • 中島俊郎・福田智弘・滝内隆子・鈴木清史・村上リコ・野澤督・喜多悦子・出島有紀子・岡山寧子・髙橋裕子 著
  • 四六 164ページ (判型/ページ数)
  • 2021年08月発行
  • 978-4-8180-2350-5

定価(税込): ¥1,980

本体価格(税抜): ¥1,800


産業革命による繁栄の一方で、著しい格差社会だったヴィクトリア朝。〈時代〉を切り口に、ナイチンゲールとのかかわりを各分野の気鋭の研究者が考察したユニークな本!

ナイチンゲール生誕200年記念出版

[ナイチンゲールの越境]03・ジェンダー

ナイチンゲールはフェミニストだったのか

  • 河村貞枝・出島有紀子・岡田 実・喜多悦子・矢口朱美・佐々木秀美・五十嵐 清 著
  • 四六 152ページ (判型/ページ数)
  • 2021年05月発行
  • 978-4-8180-2339-0

定価(税込): ¥1,870

本体価格(税抜): ¥1,700


ナイチンゲールは抑圧されていた女性に社会での活躍の場を拓く一方、当時のフェミニズム運動とは距離をおいていました。彼女はフェミニストだったのか?─異色のジェンダー研究本!

ナイチンゲール生誕200年記念出版

[ナイチンゲールの越境]02・感染症

ナイチンゲールはなぜ「換気」にこだわったのか

  • 岩田健太郎、徳永哲、平尾真智子、丸山健夫、今岡浩一、岩田恵里子、百島祐貴 著
  • 四六 104ページ (判型/ページ数)
  • 2021年01月発行
  • 978-4-8180-2309-3

定価(税込): ¥1,430

本体価格(税抜): ¥1,300


ナイチンゲールはその著書の中で「新鮮な空気」がいかに健康保持に大切かを繰り返し伝えています。コロナ禍の今、「換気」と「感染症」に関する彼女の先見の明に驚くばかりです。

ナイチンゲール生誕200年記念出版

[ナイチンゲールの越境]01・建築

ナイチンゲール病棟はなぜ日本で流行らなかったのか

  • 長澤 泰、西村かおる、芳賀佐和子、辻野純徳、尹 世遠 著
  • 四六 148ページ (判型/ページ数)
  • 2020年09月発行
  • 978-4-8180-2279-9

定価(税込): ¥1,760

本体価格(税抜): ¥1,600


病院が備えるべき第一条件は病院建築が患者に害を与えないこと──ナイチンゲールが理想とした病院建築はどのようなものか。歴史研究の第一人者である建築家と看護師が追う!