0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

コミュニティケア

2005年4月号 70号(Vol.7,No.4)

  • A4変型 80ページ (判型/ページ数)
  • 2005年04月発行
  • 978-4-8180-1134-2
本体価格(税抜): ¥1,000
定価(税込): ¥1,100
カートに追加しました。
カートへ進む

特集1:

事例から学ぶ退院連携

──ナースの力量がカギ

病院や地域でますます重要視されるようになった連携。病院では地域医療連携室等が設置され、そこに配属されるナースも増えていますが、「何をすればよいかわからない」と悩むことが少なくないと聞きます。一方、訪問看護ステーションでは、医療施設で働くナースの在宅療養に対するイメージが現実とかけ離れているように感じています。特集では、連携の真の意味を問い、連携システムの成功例を学び、スムーズな連携への提案を行います。


特集
事例から学ぶ退院連携
──ナースの力量がカギ

<匿名座談会>地域での退院連携をよくするためにここが言いたい!

十分な情報提供で医療機関と患者・家族の調整を円滑に/長井浜江
退院支援は病院と地域の架け橋/中山菜穂美
病院と生活の場をつなぐ役割──療養生活支援活動は“看護”そのもの/吉村繁子

<よい連携への提案1──理学療法士の立場から>
病棟看護師に望む地域への患者情報の提供/宮田昌司
<よい連携への提案2──病院看護師の立場から>
院内認定訪問看護師を中心に/熊谷富子
<よい連携への提案3──MSWの立場から>
適切な“時期”に適切な“専門職”が関わる/内田敦子
<よい連携への提案4──かかりつけ医の立場から>
連携のポイントは“キーマン”と“非言語的メッセージ”/高瀬義昌
<よい連携への提案5──ケアマネジャーの立場から>
地域連携室のナースに期待/中村順子
<よい連携への提案6──医療コーディネーターの立場から>
本音で話せる人間関係の構築を/岩本ゆり

シリーズ

リレーエッセイ生き抜く人々/村瀬孝生
こぼれたお茶

療養児と家族の包括的支援のための小児在宅ケアガイドライン/丸光恵
学童期・思春期の在宅ケアのポイント

<新連載>これだけは知っておきたい! 在宅での感染管理/坂本史衣・押川真喜子・西田志穂
在宅での感染管理~基本的な考え方

エキスパートに聞く Q&A在宅ケアの専門技術と知識/宮川哲夫・遠藤ゆかり
呼吸リハビリ<その2>~在宅ケアでのアセスメントと効果的なケア方法

<新連載>健康増進・障害予防に向けた高齢者ケアの新たなる実践/鈴木みずえ
現場の報告から分析する高齢者ケアの方向性

<短期連載>三重県立看護大学地域交流研究センターの活動4<最終回>/川野雅資ほか
“直接ケア事業”は県民を対象とした相談事業

コラム

ニュース手帳/編集部

Review City/池田省三
地域格差とサービスから見る介護保険給付の最近の動向

介護保険おさらい帖/山崎摩耶
介護報酬15年改定の影響を見る

厚生労働省発 介護保険最新mail/渡辺由美子
新・予防給付について2

最新レポート ここまで進化している在宅医療福祉機器/岩本ゆり
脳年齢計ATMT

ミネルヴァのナースたちRevival/神谷栄子
子育てを終えて今、大学院でさらに前へ進む

C.C.REPORT

工夫とノウハウを共有したい“予定外訪問・緊急時対応”3
<最終回>
チームで動くための信頼関係づくりに注意を払う/知覧俊郎

効果的なサービス担当者会議とサービス担当者への照会実施を目指して
~アンケート結果から課題を探る/弓田裕子・岩沢のぶえ・菊地恵子

“できるADL”を高める退院計画
~学生にもできた退院計画/内田陽子

<PEOPLE>精神に障害をもつ人々とともに地域で生きる・佐竹良一さん
/編集部

カテゴリ一覧

ページトップへ