0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

コミュニティケア

2004年10月臨時増刊号 64号(Vol.6,No.12)

  • A4変型 120ページ (判型/ページ数)
  • 2004年10月発行
  • 978-4-8180-1092-5
本体価格(税抜): ¥1,473
定価(税込): ¥1,620
カートに追加しました。
カートへ進む

特集1:

誤嚥を防ぐ

在宅でのケアとリハビリテーション

在宅療養する高齢者は、さまざまな基礎疾患、加齢による機能低下などで誤嚥を起こしやすく、誤嚥による肺炎や窒息は、高齢者を危険な状態に陥れかねません。誤嚥を防ぐために必要な知識として、まず誤嚥の発生機序やアセスメントについて解説します。そして、実際にどのようなケアやリハビリテーションを在宅で行えばよいかを紹介します。さらに、食品の工夫や緊急時の対応などについて学びます。


特集
誤嚥を防ぐ
──在宅でのケアとリハビリテーション
1 誤嚥の基礎生理学
  1誤嚥のメカニズムと関連する諸症状/藤谷順子
  2誤嚥性肺炎の基礎知識/宿谷威仁

2 誤嚥のアセスメント
  危険なサインと評価のポイント/藤谷順子

3 誤嚥を防ぐリハビリテーション
  摂食・嚥下リハビリと家庭でできる基礎的訓練/横塚百合子他

4 誤嚥を予防するためのケア
  1口腔ケアの実際/五島朋幸
  2食事の介助法と環境の調整/須賀美香他
  3補助具・食器の選び方・使い方/小出由貴子他

5 誤嚥を予防するための食品の工夫
  食形態の評価と調理のポイント/江頭文江

6 こんなときどうする?
  在宅での応急処置の原則/英裕雄

カテゴリ一覧

ページトップへ