0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

リリアン・ウォルド~地域看護の母~自伝

ヘンリー・ストリートの家

  • リリアン・ウォルド 著 阿部里美 訳
  • A5 340ページ (判型/ページ数)
  • 2004年08月発行
  • 978-4-8180-1086-4
本体価格(税抜): ¥2,356
定価(税込): ¥2,592
在庫: 絶版
カートに追加しました。
カートへ進む

りりあん・うぉるど あべさとみ

 経済的にも社会的にも目ざましい発展を遂げつつあった19世紀末のアメリカ。そのアメリカを新世界とし、より豊かな生活を夢見てヨーロッパから流れてきた移民たちの住み着いた先が、ニューヨークのイースト・サイドだった。看護師であり医学生でもあったリリアン・ウォルドは、その一角にあるヘンリー通りに、1895年、世界で初めての看護師セツルメントを開設。その後1933年に施設長を退くまで一貫して、ヘンリー・ストリート・セツルメントを拠点に公衆衛生看護・地域看護を実践し、市や国の政治にも働きかけて普及と啓蒙に努めた。
 本編はリリアン・ウォルド自身がその半生をつづったもので、名もない地域住人たち、社会や国を動かす運動家、政治家たちとの生き生きとしたエピソードに満ちており、公衆衛生看護および地域看護の原点を知ることができる。
 1915年に雑誌に連載されていた原稿を元に書籍化、歴史的意義を新たに標すものとして91年に改訂版が出版された。本書は91年版の全訳である。


序章 本書を出版するに当たって エレノア・L・ブリリアント
第1章 20年前のイースト・サイド
第2章 看護サービスの開始
第3章 看護師とコミュニティ
第4章 子供たちと遊び
第5章 教育と子供
第6章 障害児
第7章 働く子供たち
第8章 全国の子供たち
第9章 施設内の組織
第10章 若者
第11章 若者と労働組合
第12章 結婚式と社交場
第13章 ロシア市民の解放を支援する人たち
第14章 市民の力 その1
第15章 市民の力 その2
第16章 現代のアメリカ人と施設の方針
索引

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

まだレビューはありません。

レビューを投稿