0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

R(Restructure)シリーズ

ナースが知っておくべき

かゆみのケア

  • 高島玉青・吉田秀美 著
  • A5 112ページ (判型/ページ数)
  • 2004年05月発行
  • 978-4-8180-1079-6
本体価格(税抜): ¥2,000
定価(税込): ¥2,200
在庫: 絶版
カートに追加しました。
カートへ進む

「かゆみ」は痛みに比べて軽く見られがちです。しかし、患者にとっては大変切実な問題です。ナースが適切な処置法を知らないと、過度なスキンケアや感染対策がかえって患者の皮膚そう痒を助長し「かゆみの悪循環」をもたらしたりすることにもなりかねません。本書は、皮膚科ナースが一般病棟のナースを対象にかゆみのメカニズムを明らかにし、患者が感じているかゆみへの理解を促すものです。またその上で、かゆみを克服するための多面的な対策を紹介しました。


口絵 かゆみをもたらす皮膚の症状
第1章 患者のかゆみを理解する
1.かゆみは痛みよりもつらくない?
2.皮膚の状態を観察し、記録する
3.かゆみの随伴症状
4.陰股部のかゆみ
5.3かゆみの客観的な評価
6.慢性的なかゆみを抱える患者の理解

第2章 かゆみのメカニズム
1.かゆみとは
2.かゆみと痛みの違い
3.かゆみの発生機序
4.かゆみの原因を知る

第3章 かゆみの対策
1.緩和に役立つケア
2.適切な治療
3.内服薬の基礎知識
4.代表的な疾患の治療

第4章 掻破を予防する
1.掻破予防の方法
2.掻こうとする手を止める
3.掻いても傷をつくらない

第5章 皮膚科のスキンケア
1.スキンケアとは
2.健康な皮膚とは
3.皮膚の異常とは
4.清潔の保持
5.保湿・保護

第6章 かゆみ何でもQ&A

索引

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

まだレビューはありません。

レビューを投稿